SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IBM、Watson活用しコンテンツ管理を容易にする製品提供へ

 日本IBMは2月20日、コンテンツ管理ソリューション「IBM Watson Content Hub」の日本語版をリリースする。

 同ソリューションでは、画像コンテンツに含まれる意味を検出し、場面や対象物、顔のイメージなどを分析して何が起こっている場面なのかを理解するIBM Watson APIである「Visual Recognition」を活用。高精度のタグ付けを提案する。

 これまで、コンテンツ管理ソフトウェアに画像や文書などを入力する際、それらが見つかりやすくなるよう「タグ」を複数入力する必要があった。しかし、デジタル・コンテンツ数が増えている今日では、タグ付け作業にかかる工数は大きな負担となっている。同ソリューションの提供により日本IBMは、タグ付けに対する工数の削減に寄与する狙いだ。

 同製品はクラウド・ベースで提供され、2月20日から日本IBMのWebサイト上の「マーケットプレイス」内で無料トライアル版も利用できる。

【関連記事】
日本IBMがWatson IoT事業部を新設、三菱電機やソフトバンク等と協業へ
大塚製薬と日本IBM、Watsonを使ったデジタルヘルス・ソリューション事業の合弁会社設立
NTTデータ、ディープラーニングによる「AI記者」実現の可能性を検証
日本経済新聞社、AIを活用した「決算サマリー」の配信スタート
JCBとISID、チャットbot活用した海外観光ガイドを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング