MarkeZine(マーケジン)

記事種別

IBM、Watson活用しコンテンツ管理を容易にする製品提供へ

2017/02/15 17:00

 日本IBMは2月20日、コンテンツ管理ソリューション「IBM Watson Content Hub」の日本語版をリリースする。

 同ソリューションでは、画像コンテンツに含まれる意味を検出し、場面や対象物、顔のイメージなどを分析して何が起こっている場面なのかを理解するIBM Watson APIである「Visual Recognition」を活用。高精度のタグ付けを提案する。

 これまで、コンテンツ管理ソフトウェアに画像や文書などを入力する際、それらが見つかりやすくなるよう「タグ」を複数入力する必要があった。しかし、デジタル・コンテンツ数が増えている今日では、タグ付け作業にかかる工数は大きな負担となっている。同ソリューションの提供により日本IBMは、タグ付けに対する工数の削減に寄与する狙いだ。

 同製品はクラウド・ベースで提供され、2月20日から日本IBMのWebサイト上の「マーケットプレイス」内で無料トライアル版も利用できる。

【関連記事】
日本IBMがWatson IoT事業部を新設、三菱電機やソフトバンク等と協業へ
大塚製薬と日本IBM、Watsonを使ったデジタルヘルス・ソリューション事業の合弁会社設立
NTTデータ、ディープラーニングによる「AI記者」実現の可能性を検証
日本経済新聞社、AIを活用した「決算サマリー」の配信スタート
JCBとISID、チャットbot活用した海外観光ガイドを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5