SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット広告、媒体費のみで初の1兆円超え/全体も5年連続で増加【電通、2016年日本の広告費】

 電通は、日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2016年(平成28年)日本の広告費」を発表した。同社は、2016年の大きなトピックに、以下3点を挙げている。

  1. 日本の広告費は、5年連続でプラス成長
  2. 総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%
  3. インターネット広告媒体費(制作費除く)が初の1兆円超え

 2016年の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続で増加。新聞、雑誌、ラジオ、テレビメディア(地上波テレビ+衛星メディア関連)の広告費を合算した「マスコミ四媒体広告費」は2兆8,596億円、前年比99.6%とわずかながら増加には至らなかった。ただし「テレビメディア広告費」は同101.7%と増加した。

 一方、「インターネット広告費」は1兆3,100億円、同113.0%と成長し、うち「インターネット広告媒体費」は、1兆378億円、同112.9%と初めて1兆円を超えた。「プロモーションメディア広告費」は、2兆1,184億円、同98.9%となっている。

データとテクノロジーに対するニーズの高まりが媒体費の増加に

 インターネット広告費の中でも、初めて1兆円を超えて存在感を見せたインターネット広告媒体費。1兆378億円(前年比112.9%)となり、このうち運用型広告費は、7,383億円(同118.6%)で多くの割合を占める結果となった。

 運用型広告(以下、運用型)が好調な主な要因として電通は、データとテクノロジーを重要視する広告主が増え、データ連携可能な運用型への注目が高まったことや、高機能化によってリーチやブランディングなどの役割もカバーし始めたことなどを挙げる。

【関連記事】
「LINE Ads Platform」、販売・開発に関するパートナー認定制度を導入
アタラのgluとBIツール「Domo」が連携~ROIの可視化を容易に
2016年、スマートフォン広告費は5,516億円と予測【D2Cインターネット広告市場規模推計調査】
「GMO SmaAD」、オンライン広告向け不正対策機能を導入
4マスは前年比マイナス、ネット広告が前年比110.3%【電通、2015年日本の広告費】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/23 16:50 https://markezine.jp/article/detail/26117

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング