SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、マガジンハウスとパパママ向け情報誌「てをつなご。」を創刊 「LINE MOOK」で配信

 LINEはマガジンハウスと共同で新メディア「てをつなご。」を創刊し、3月8日より「LINE MOOK」にて配信を開始したと発表した。同メディアはマガジンハウスの「Hanakoママ」編集部がプロデュースする。

縦スクロール読みに最適化された新メディア「てをつなご。」

縦スクロール読みに最適化された新メディア「てをつなご。」

 「LINE MOOK」はスマートフォンにおける新たな出版の形としてLINEが提案する新メディア。「LINE」の持つ、国内月間利用者数6,600万人のユーザー基盤を流通網として、ファッション誌やカルチャー誌、業界専門誌などが取り上げる趣味・嗜好性の高い情報を中心に扱う。インターフェイスには、スマートフォンに特化した“縦スクロール読み”を採用。ユーザーは、好きな媒体の公式アカウントを友だち登録することで無料購読でき、配信は「LINE」を通じプッシュ形式で受け取ることができる。

 「LINE MOOK」は2016年9月にソフトローンチされた。当初は、新たなお酒との出会いを詰め込んだ「週末この一杯」、メイク・ビューティにまつわるアイデアを提案する「Steal me!」の2媒体でスタートし、11月にはライフスタイル情報誌「Toss!」を創刊していた。この3媒体は、LINE内に設けられた編集部で制作を行っている。

LINE内の編集部で製作する、既刊の3誌
LINE内の編集部で製作する、既刊の3誌

 ソフトローンチ以降、読了率が約80%にのぼるコンテンツも登場するなど一定の成果が出たため、今回の「LINE MOOK」正式ローンチが実現した。正式ローンチのタイミングでコンテンツ配信機能を外部メディアにも解放。第1弾として「てをつなご。」を新たに創刊した。毎週水曜日に配信される「てをつなご。」では、紙版の「Hanakoママ」や「Hanakoパパ」、Web版の「HanakoママWEB」との連動企画のほか、「てをつなご。」購読者しか読むことのできないオリジナルコンテンツの配信を予定している。

 なお、「LINE MOOK」では、その他外部メディアへの開放のほか、広告事業化や課金モデルの導入などマネタイズも視野に入れ、展開していく予定。

【関連記事】
位置情報連動サービス「tab」と雑誌「GINZA」がコラボレーション
「AmebaGG」と「an・an」、共同で大型連載企画を展開
LINE、アプリ内に「ニュースタブ」を新設~1日150本のニュースをピックアップ
講談社×デジタルガレージ、女性向け「コンピレーションメディア」を2017年前半に提供
「SNOW」利用者は半年前より27%増/スマホ利用者の約80%が「LINE」利用【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/08 16:00 https://markezine.jp/article/detail/26177

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング