SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、「ウェアラブル英会話教師 ELI」開発~普段の会話を解析、その人に合ったレッスンを生成

 ELI(エリ)は、博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」とクリエイティブスタジオ「1-10(ワントゥーテン)」および、博報堂プロダクツが共同で開発した、洋服の襟につける小型マイクデバイスおよびスマホアプリだ。

 ELIデバイスを洋服の襟につけて一日を過ごすことで、ユーザーが話す日本語を記録・解析し、最適な英会話レッスンをアプリ上で生成する。ユーザーは仕事内容や興味関心の領域など普段の会話から、自分らしい言い方や伝え方を活かした英会話を学び、身につけることが可能となる。

 将来的には「日本語→中国語」や「英語→日本語」など、他の言語への展開に加え、同じ嗜好の人がつながり、モチベーションを高め合うコミュニティーの構築など、様々な展開を構想している。

【関連記事】
博報堂、モノ×テクノロジーで未来動かすプロジェクト「monom」発足~第一弾プロダクト開発中
博報堂、ぬいぐるみを おしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」を開発
MAMORIOと相鉄グループ、IoTデバイスを活用した忘れ物自動通知サービスを試験導入
農業×IoT、米ライフが新鮮なお米をタイムリーに届けるサービス開始
KDDI×よみうりランド、 IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/14 08:30 https://markezine.jp/article/detail/26203

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング