SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スマートニュースが作る、新たな広告の潮流「oCPC」とは?(PR)

現在の運用型広告が抱える課題、解決するために求められる「oCPC」配信とは?

 昨今、Facebook広告でoCPM配信(最適化インプレッション課金配信)が可能になるなど、人の力ではなくアルゴリズムを用いて、広告効果を引き上げる取り組みが進んでいる。そのなかで、独自のアルゴリズムを使って「oCPC」配信を可能にしたスマートニュースの広告エンジニアの小宮篤史氏と蘭雨陽(らんゆーやん)氏に、現状の運用型広告が抱えている課題、それに対してoCPC配信がもたらす価値について聞いた。

多彩なターゲティングによる工数増大が課題に

――はじめに、スマートニュースの広告配信の仕組みについて教えてください。

小宮:これまでは、広告オークションに参加する際の入札方法として、クリックのときに費用がかかるものとインプレッション(表示)のときにかかるものとがありました。そのため、広告代理店の方々は入札価格をコントロールすることでCPAとROASを合わせます。さらに、スマートニュースの広告「SmartNews Ads」では、ターゲティングメニューがいくつもあり、いろいろな機能を駆使することによって、より相性のいいオーディエンスに配信することができます。

(左)スマートニュース株式会社 エンジニア 小宮篤史氏
スマートニュース株式会社 エンジニア 蘭雨陽氏

蘭:具体的には、OS、性別、年齢、都道府県・市区町村、時間帯、携帯キャリア、ジャンル、興味関心、キーワードなどのターゲティングメニューがあります。〇県〇市に住んでいて、どんな端末を使っていて、どういうことに興味をもっているかでターゲットを絞ることができます。

ターゲティング一覧

 ただ、この方法だとパターン数が増えてしまいますし、キーワードも膨大なためにキャンペーンの労力はかなりのもの。広告効果を最大化するためにはトライ&エラーを積み重ねなければなりませんが、広告代理店のヒューマンリソースを考えると厳しいものがあるのではないかと思います。

広告主/代理店の運用工数を削減するoCPC

――oCPC(=optimized Cost Per Click)配信が開発された理由はなんでしょうか。

小宮:広告主や広告代理店の負担を減らしたうえで、ユーザーが欲しい情報を届けるためです。広告のパフォーマンスを最大化するためには、代理店の方が広告の配信ロジックを把握して、その上でアカウント構成を作成する必要があります。しかし、配信ロジックを理解するのは難しい。残念ながら、せっかく予算をかけてキャンペーンを作っても、うまくいかないときもあります。ただ、私たちの持つ膨大な量のデータ(ユーザーの特徴、キーワード)を活用すれば、広告主や広告代理店の方々の運用上の問題を解決できるのではないかと考えました。

――これまで、広告主や広告代理店が入札価格を決めていたものを、oCPC配信によって、ユーザーと広告をうまくマッチングできるのですね。

小宮:そうです。昨今では、どのようなユーザーが何に興味を持ち、どうすれば広告をコンテンツのようにとらえてもらえるのか、機械学習などを用いて判断したいといった機運が高まっています。

蘭:私たちは、広告はユーザーにとって有益な情報になりえるものだと考えています。「Ads as content」(コンテンツとしての広告)というキーワードでスマートニュースの思想を表していますが、それを最大限に表現するためにoCPC配信の機能を開発しました。

次のページ
自動で入札価格を最適化するoCPC配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
スマートニュースが作る、新たな広告の潮流「oCPC」とは?連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

元永 知宏(モトナガ トモヒロ)

1968年、愛媛県生まれ。立教大学野球部4年時に、23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。ぴあ、KADOKAWAなど出版社勤務を経て、フリーランスに。『本田宗一郎 夢語録』、『羽生結弦語録』(ぴあ)などを編集。2016年10月に『期待はずれのドラフト1位』(岩波ジュニア新書)を上梓した。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/27 10:00 https://markezine.jp/article/detail/26204

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング