SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AI messenger」、企業データから作成した予測モデルとチャットボットの連携可能に

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI messenger」(提供:AIメッセンジャー)において、企業のデータから作成した予測モデルとチャットボットの連携を可能にした。

 予測モデルは、アドテクスタジオ内の研究・開発組織である「AI Lab」が企業から提供を受けたデータを分析し作成したもの。

 さらにアドテクスタジオは、過去のデータに基づいて自動的に適切な予測結果をチャットボットが応答できるソリューションの提供を開始した。

 これにより、チャットボットはユーザーとの対話の中で抽出した複数の条件から、過去のデータに基づいて予測される適切な回答をユーザーへ応答することができる。

 また、同社は事例として、オークションにおける最適な入札単価を回答するチャットボットを公開。下図の左側のように、出品するアイテムのいくつかの条件から、過去のデータに基づいて成約確率を予測するモデルを事前に作成する。チャットボットはユーザーの対話から抽出した条件をもとに、下図の右側のように成約確率が高く、かつ、信頼度も高い入札単価をユーザーへ回答することが可能になる。

 企業のデータからの予測モデルは柔軟に対応可能であり、ユースケースに応じた様々なチャットボットの作成ができる。

【関連記事】
Facebookメッセンジャーに自分好みのニュースが届く「毎日新聞ニュースメッセンジャー」開始
チャットボット技術を採用~はるやま商事、就活生向けにLINEアカウント開設
ライフネット生命保険、LINEとFacebook Messengerで保険診断・見積りを提供
IMJ、LINE上でキャンペーン完結できるサービスリリース~チャットボットを活用
チャットボット「SENSY bot」、LINE版がリリース~LINE上のやりとりで好みを学習

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/05 12:00 https://markezine.jp/article/detail/26325

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング