SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE ビジネスコネクト向けサービス「TONARIWA」とドコモのチャットボット連携 グリコが導入

 電通アイソバーは、LINEが提供する企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」向けサービス「TONARIWA(トナリワ)」にて、NTTドコモが開発したチャットボットエンジン「Repl-AI」と連携したLINEによるチャットボットサービスの提供を開始した。

 「TONARIWA」と「Repl-AI」が連携することにより、対話内容を自由にカスタマイズして、利用シーンにぴったりの会話をしてくれるLINEのチャットボットアカウントを、より簡潔にスピーディーに開発することが可能になった。

 特にこれまでは、チャットボットのシナリオ登録などが複雑で、開発期間や工数を含めると開発・導入は簡単なものではなかった。今回のサービスは、そのシナリオ登録や自動応答の最適化を簡略化し、企画からサービス開始までの開発期間やチューニングにかける工数の短縮を可能にした。そうすることで、より利便性の高いLINEによるチャットボットを短期間で開発することができる。

 また、同サービス導入の第一弾として、江崎グリコが、ジャイアントコーンのポイントキャンペーンに活用した。ジャイアントコーンは「おつかれさまです!ジャイアントコーン」をブランドメッセージに、広告コミュニケーションを展開している。

 今回のキャンペーンでは同サービスを活用し、ジャイアントコーンのLINE公式アカウントに毎日自分が頑張ったことについてメッセージを送ると、ねぎらいのメッセージが返ってくる仕組みを構築。メッセージを送るごとにポイントがたまり、1ヶ月間のトークサマリーから今月頑張ったことがリポートされ、抽選でインセンティブが当たる。

【関連記事】
DACのDialogOne、リーバイスの会員証発行をLINE上で可能に 必要なのは友だち登録のみ
LINE、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表 NEVERと共同開発
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」の販売代理店に 既存サービスとの連携も
「AI messenger」、企業データから作成した予測モデルとチャットボットの連携可能に
チャットボット技術を採用~はるやま商事、就活生向けにLINEアカウント開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/06 11:30 https://markezine.jp/article/detail/26333

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング