SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グッドパッチにSBIが4億円出資 FinTech領域へのUX/UIデザインの技術提供を強化へ

 UX/UIデザインに特化したデザインカンパニーのグッドパッチは、SBIインベストメントから4億円の出資を受けた。これを契機に、FinTech領域に特化したUX/UIデザインチームを発足させ、FinTech関連企業への技術提供を強化することを発表した。最初のプロジェクトとして、2017年4月よりSBI証券と共同プロジェクトを開始。SBI証券のネット証券事業におけるUX/UIデザインを改善し、さらには組織へのデザイン文化の浸透を推進していく。

 このたびグッドパッチが社内に発足させたFinTech領域に特化したUX/UIデザインチームは、新規サービス創出や既存サービス改修を検討しているFinTech関連企業に対し、同社が強みとする顧客視点に立ったUX/UIデザインから開発までを一貫して提供していく予定。同社はこれまでに、マネーフォワード、MYDC、ShiklyといったFinTech領域の企業に対してサービスを提供してきた。

 現在、海外FinTech領域では、UX/UIデザインに初期から注力した企業の成長がめざましく、大手金融機関によるデザイン会社の買収事例が相次いでいる。そのため、金融分野におけるUX/UIデザインの重要性が注目を集めつつある。

【関連記事】
SBI証券、LINE Customer Connectの試験運用開始~対話型FAQサービスにAI活用
住信SBIネット銀行など3社、AIソリューションを活用したデジタルマーケティングの試験運用を開始
SBI証券、Adobe Analyticsを導入~Webサイト最適化のスピーディーなPDCAサイクル実現へ
NTTデータ、UIデザインに強み持つグッドパッチとUXデザイン分野で協業
TBWA HAKUHODO QUANTUMとグッドパッチ、 IoT 事業開発支援プログラムを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/28 16:00 https://markezine.jp/article/detail/26431

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング