SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カラフル・ボードと協和が事業提携、美容業界でパーソナル人工知能「SENSY」活用へ

 カラフル・ボードは協和と事業提携し、同社の開発する人の感性をパーソナルに解析できる人工知能「SENSY」(センシー)を美容業界において事業展開していくことを発表した。本提携の第一弾として、マーケティング領域において「パーソナライズDM」「SENSY bot」という二つのサービスを開始する。

 「パーソナライズDM」では、協和が保有するデータを「SENSY」に学習させ、「SENSY」が顧客に合った商品やキャッチコピー、口コミコンテンツを選択・提案する。画一的で売り手主導のダイレクトメールから脱却し、お客様視点に立った販促を実現する。2017年5月下旬開始予定だ。

 また、協和がこれまで培ってきた業界の知識・ノウハウを活用し、パーソナルチャットボット「SENSY bot」の美容・健康食品分野における対話エンジンを現在共同開発している。ユーザーの抱える悩みを聞き出し、最適な解決策を提案するチャットボットサービスを展開していく。

【関連記事】
カラフル・ボードとトッパンフォームズが業務提携 レコメンドエンジンの開発に着手
Pepperがお酒を提案!IMJとカラフル・ボード、「SENSYソムリエ」ロボアプリを開発
顧客の味覚を分析して、好みに合ったお酒を紹介してくれる「Pepper」が登場
チャットボット「SENSY bot」、LINE版がリリース~LINE上のやりとりで好みを学習
ベルーナ、ファッション通販サイト「RyuRyu」に人工知能「SENSY」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング