SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNS映えする写真の要素、色は?ポイントは「食」/テーマによって異なる人気色【スナップレイス調査】

 SNSで映える投稿を分析するスナップレイスは、Instagram映えおよびSNS映えするスポットを抽出し、SNSのデータを独自のアルゴリズムで分析したデータを公開した。

 分析対象となるデータは、同社提供のSNS映えするスポットを表示するサービス「Snaplace」に掲載されている約3,000スポットのうち、フォトジェニックな投稿の「Cool!」に該当するスポットの全写真。加えて、面白・ネタ的投稿の「Haha!」に該当するスポットの全写真だ。それら2つを分析し、画像の中に含まれている構成要素の抽出と主力の構成色・カラーの抽出を行い、集計した。

フォトジェニックで人気な投稿は「食と住」

 フォトジェニック「Cool!」の構成要素で最も多いのは「食べ物」と「食事」。次点で「小物」、「レストラン」、「お皿に盛られた料理」。そして「部屋」や「インテリア」とおしゃれな空間がInstagramでは反響が高いことが明らかになった。

面白・ネタの分野でも「食」は人気、「芸術」や「寺」も映える

 続いて面白・ネタ「Haha!」の構成要素でも「食べ物」や「お皿に盛られた料理」、「食事」などが上位を占め、フォトジェニックと比較してもその比率は高いことが分かった。しかし、面白・ネタ部門では食事の次に「芸術作品」、「寺院」、「建造物」など、特徴的なものの評価が高い傾向がある。

フォトジェニックで映える色は「赤」や「ピンク」

 次に、フォトジェニックの写真の色を分析すると、可愛い「赤」や「ピンク色」、パステルカラーの「エメラルドグリーン」や「青い空のブルー」が多いという結果になった。

面白・ネタで好まれるのは「濃いブルー」、「ダークレッド」といった濃い色

 一方、面白・ネタ「Haha!」で映える写真の色は、「濃い目の茶色」や「濃いブルー」、「ダークレッド」などの色が多いという結果になった。

【関連記事】
カーセンサーnet、ディープラーニング用いた「車の内装色」による検索の機能をローンチ
「SNS映え」に特化したカメラマンと企業をマッチング! CCC子会社、「torutte」リリース
10代の約半数が「SNOW」を利用/10代で主流になりつつあるSNS検索【ジャストシステム調査】
寺田倉庫、次世代コミュニティストレージサービス「クラウド部室」リリース
SNSから自動で記事を作成!Spectee、「AI記者」技術に関するビジネス関連特許申請へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング