SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

人気スマホアプリへ動画コマースを配信! FIVE、分散型動画コマースプラットフォームをローンチ

 ファイブは、様々なスマートフォンアプリへ動画コマースを配信することができる「Interface by FIVE」をリリースした。外部のランディングページに遷移することなく、映像で商品の魅力を伝えながら、そのままシームレスにサンプル請求や商品予約、購入・決済といったアクションが完結する体験を提供していく。

 これにより、EC事業者は自社ECサイトやキャンペーンページに誘導する従来の集客モデルに加えて、申込・決済機能がついた商品映像をユーザーがいる場所に「出張」させていく分散的なアプローチが可能になる。

 同社は、2015年3月からスマートフォン動画広告プラットフォームを提供しており、現在では月間約2,700万人(メディア間の重複を除くユニークユーザー数)のアプリ利用者のオーディエンスを抱えている。このユーザー基盤を活かし、スマートフォンに最適化され、コミュニティの嗜好や価値観に合致した動画コマース体験をFIVE プラットフォーム上のユーザーに対して順次提供していく。

 また従来より、同社は専属のクリエイティブチームを設置し、スマートフォンデバイスやユーザーコミュニティの価値観に合わせた映像制作を手がけてきた。制作実績は年間800本に及び、既存の商品動画やCM素材を配信することに加えて、ユーザーの価値観にあった出演者の起用・企画・映像表現の追求を行っている。

 本リリースに際して、複数の国内大手インフルエンサーマネジメント企業やオンライン決済企業との業務提携を決定。これにより、ユーザーコミュニティの価値観に近い出演者のキャスティングや多様な決済手段のサポートが可能に。EC事業者は、ユーザーコミュニティの価値観にあった出演者を起用した映像制作を行い、購入・決済サービスも一気通貫して利用できるようになる。

【関連記事】
「ボケて」が累計4000万ボケを突破、FIVEと連携したモバイル動画広告の販売も開始
FIVE、TubeMogulと提携~ビデオ広告のプログラマティック取引をモバイルアプリ在庫でも可能に
テレビCMを補完しながら若年層のターゲットリーチ最大化! DI.とFIVEがソリューション提供へ
DSP「ONE by AOL: Video」、Teadsと連携しアウトストリーム在庫を強化
電通と博報堂DYMP、TBS、日経、テレ東、WOWOWが新会社設立 動画配信プラットフォーム提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/31 11:30 https://markezine.jp/article/detail/26571

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング