SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BSTとミニマル・テクノロジーズ、多言語化サイト内検索に特有の「ゼロ件ヒット」解消に向け協業

 ビジネスサーチテクノロジ(以下、BST)は自社開発のサイト内検索エンジンを、ミニマル・テクノロジーズが提供するWebサイト多言語化開発ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」とサービス連携させる。

 ミニマル・テクノロジーズの「WOVN.io」を利用することで、ECサイトのような更新頻度が高く、ログイン認証やレコメンド機能を備えた複雑な作りのサイトであっても、低コストかつ短期間での多言語化が可能になるという。「WOVN.io」で多言語化したサイトに対して、BSTのサイト内検索「ASP probo(プロボ)」を組み合わせることで、多言語化されたページも含めたサイト内全体の検索が可能になる。

 また、本サービスで多言語化したページは、自動翻訳サービスのサーバーが翻訳後のページを表示するスクリプト方式とは異なり、サービス提供先サイトのサーバーがページを表示するHTMLレスポンスとなる。そのため、翻訳後のページが日本語サイトと同一ドメインのページとしてGoogleのクローラーに認識されるため、SEO対策にも有効だとしている。

 今回の協業の背景には、国内のWebサイトの多言語化に自動翻訳サービスがしばしば利用されていることがある。こうした多言語化ページは、本体サイトと異なるドメインで表示されるため、通常のサイト内検索機能では検索対象外になりがちだいう課題があった。

【関連記事】
サイト内検索のprobo、Google Site Search終了に伴うスムーズな移行をサポート
Webコンテンツの多言語化を簡単に実現する「SDL Tridion」、富士通グループ会社が提供開始
ぐるなび、中国と台湾の大手オンライン旅行会社と提携~多言語レストラン予約サービス提供へ
山形県の訪日外国人向け情報サイト、プライベートDMP導入〜多言語対応のレコメンド実現
ドン・キホーテ、SNS上の顧客の声を多言語で収集・分析~インバウンドにも対応した店舗運営へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/07 11:30 https://markezine.jp/article/detail/26598

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング