SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日広告社、CMO・部門長向けにクラウド型統合マーケティング管理プラットフォームを発表

 朝日広告社は、本日7月11日、クラウド型統合マーケティング管理プラットフォーム「On AIR Analytics(オン・エアー・アナリティクス)」を発表した。

 同プラットフォームでは、Datorama Japanが提供するマーケティングダッシュボードとゼータ・ブリッジのサービスを活用。企業内で管理する売り上げやPOSデータ、来店客数などの各種データと、生活者のオンライン上の行動データやテレビCMのメタデータが連携している。これにより、同社は企業のマーケティング施策の効果をリアルタイムに統合、可視化し共有できる環境を構築した。

ダッシュボードの管理画面イメージ
ダッシュボードの管理画面イメージ

 CMO、部門長、マーケターなどに向けて開発された同プラットフォームは、散在するビジネスデータを一元管理することが可能。企業内のデータ作成業務の軽減と新たな課題の発見につながり、マーケティング施策のPDCAの高速化およびROASの改善を実現する。また、API経由でIoTデータを取り込むことも可能なためマーケティングに活用できるほか、AIスピーカーや5Gの普及が進んだ際に、テレビCMのプランニング対応ツールとしての可能性も秘めている。

【関連記事】
朝日広告社、テレビメタデータとAIを活用したキャンペーンマネジメントの実証プロジェクトを実施
朝日広告社、VRコンテンツの企画サービスをスタート~第一弾はラグビーを疑似体験
ANA、BIツール「Domo」を導入 リアルタイムデータを活用しマーケティングROIの最大化へ
レモネードのInstagram特化マーケティングプラットフォーム、フォロワー数が4,000万突破
フリークアウト、ベトナム、マレーシア、フィリピンに子会社設立 ネイティブ広告も展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/07/13 09:45 https://markezine.jp/article/detail/26785

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング