SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

上場企業が利用するWebサービスは?8割超の企業が「Googleアナリティクス」を利用

 DataSignは、国内の上場企業3,558社のコーポレートサイトを対象に「利用されているWebサービス」についての独自調査を実施。その結果をまとめたレポート「DataSign Report」を公開した。調査の結果は以下の通りだ。

Webサービス総合の部門では「Googleアナリティクス」が断トツのトップ!

 初めに上場企業3,558サイトで検出されたサービスのランキングでは、「Googleアナリティクス」の利用社率が83.05%と、圧倒的な利用率を示す結果に。国産サービスでは、「E-IR」「User Insight」の利用率が際立つ結果となった。

広告分野のサービスで最も使われているサービスは「DoubleClick」

 また同調査では、検出されたサービスをタイプ別に分けたレポートも作成。広告分野のサービスでもっとも検出数が多かったのは「DoubleClick」で、検出数は1,568。2位の「AdWords」の検出数493に大差をつけた。

アクセス解析サービスも、「Googleアナリティクス」がほぼ独占

 次にアクセス解析のサービスでは、全体の検出数でもトップだった「Googleアナリティクス」の独占状況が明らかになった。

ソーシャルプラグインでは「Facebook for Developers」に軍配

 ソーシャルプラグインのサービスでは、「Facebook for Developers」が検出数642(比率18.04%)で、「Twitter Platform」が検出数358(比率10.06%)という結果に。Facebookが2位以下の2倍以上の検出数を出した。

タグマネージャーでは「Googleタグマネージャー」が1位に!

 さらに、タグマネージャーのサービスでも「Googleタグマネージャー」が検出数601と、2位の「Yahoo!タグマネージャー」に2倍以上の差をつけていることが明らかになった。

 【調査概要】
 ・調査主体:DataSign
 ・調査対象:上場企業3,558社の公式Webサイト
 ・調査日:2017年8月19日
 ・調査方法:同社のサービス「DataSign FE」を用いたクローリングによるもの

【関連記事】
グッドパッチ、Webサービス・アプリを対象にUI/UX課題解決を支援するサービスを提供へ
LINEとWebサービス連携させる「Official Web App」、本格ローンチに先駆け一部開放
IoT製品やWebサービスをワンタップで操作、スマホアプリ「myThings」にボタン機能追加
NRIネットコム、「Googleアナリティクス360スイート」の活用法解説!Google・楽天も登壇
Googleアナリティクスと統合した無料分析サービス『In-app Analytics』ベータ版公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング