SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージ、Domoとのデータ接続を開始 マーケティングデータの可視化・分析を一気通貫で実現

 インテージは、同社が保有する各種マーケティング支援データとの連携が可能になる「INTAGE connect」を経由して、ビジネス最適化プラットフォームを提供するDomo(ドーモ)とのデータ接続を開始した。

 同連携により、インテージデータとDomo側で取得する社内外の多様なデータを統合し、ダッシュボード化することができる。これにより、マーケティングに関わるデータの収集から可視化、分析、最適化までを一気通貫で行えるようになる。

 SCI(全国消費者パネル調査)を基盤に、同一対象者から新たにPC・スマートフォンからのWebサイト閲覧やテレビ視聴情報に関するデータを収集したi-SSPのデータに加え、売上から広告、口コミに関するデータなどをDomo上で統合。これにより、リアルタイムにマーケティングの実態や投資対効果を把握し、次のアクションにつながる的確な意思決定の迅速化をユーザーに提供する。そして、ユーザーが保有しているデータの価値化に貢献する狙いだ。

 また、インテージデータが容易に活用できるよう、専用のダッシュボードをDomoと共同で開発し、提供する。なお、Domoのデータは他の部門のユーザーにも共有することが可能で、マーケティング支援データを組織全体で活用することができる。

【関連記事】
インテージ、日本気象協会と需要予測で連携開始 小売店パネル調査と気象情報の統合分析が可能に
インテージ、「INTAGE connect」経由でDatorama Japanとデータ接続へ
インテージ、70代の購買データを提供開始
インテージのマーケティングデータ、CRMツール等と連携可能に 「INTAGE connect」公開へ
インテージ、米国現地法人「INTAGE USA Inc.」開設 日系企業のグローバル展開への対応急ぐ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング