MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シダックスグループ、フロムスクラッチの 「b→dash」を導入 One to Oneマーケを推進

2017/08/29 12:00

 シダックスグループのデジタルマーケティングを支援するエス・アイテックスは、レストランカラオケ事業におけるデータの統合・基盤構築、そしてビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングの実現を目的に、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」の導入を開始した。

 カラオケチェーン「レストランカラオケ・シダックス」は約960万人の“ケータイ会員”を保有しており、そのデータを活用したデジタルマーケティングに注力しようと考えていた。しかしながら、メールは店舗ごとの一斉配信しかできておらず、顧客ごとにあったサービスを最適なデバイス、タイミングで提供できていなかった。

 また、データの連携・統合にかかる工数に対するリソースが不足しており、One to Oneマーケティングの実現は難しい状況だった。

 そこで今回エス・アイテックスは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入することで、これまで分散していた大量のデータを一元的に取得・統合・活用できるようにした。

 さらに、以前よりエス・アイテックスが活用していたアイリッジのスマートフォン向け位置連動型プッシュ通知ツール「popinfo」と「b→dash」を連携。これにより、来店状況、開封状況、位置情報などの取得したデータの紐づけを可能にした。

 今後「b→dash」の活用を通じてエス・アイテックスは、時間や場所などの情報をもとに設計した詳細なセグメントでクーポンメールを自動配信するなど、アプリとメールでのクロスチャネルマーケティングを推進する。

【関連記事】
フロムスクラッチ、約32億円を資金調達 人工知能技術やデータ統合基盤の開発強化
スリムビューティハウス、「B→Dash」を採用
フロムスクラッチの「B→Dash」と「LINEビジネスコネクト」が機能連携へ
CA、業界特化型の動画広告フォーマット「AVA Style」を日用品メーカー向けに提供へ
Supershipの「AppVador」、動画広告の高画質再生に対応 ユーザーの通信負担も削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5