SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デートラマ、Adjustなどモバイルアプリ計測ツールのデータをAPI不要で取り込み可能に

 Datorama Japan(デートラマジャパン)は、Datorama Mobile Connect(デートラマ・モバイルコネクト)をリリースした。

 Datorama Mobile Connectは、各社モバイルアプリ計測ツールのデータをAPI不要でスムーズに取り込める。マーケターはエンジニアのリソースを割くことなく、データを取り込み、他のデジタル広告データ・CRMデータ・売上データなどとシームレスに統合し、ダッシュボード化し、一元管理できるようになる。

 各ステークホルダーが同じデータとダッシュボードを共有・活用することで、マーケティング投資の最適化から事業全体のKGI達成のためのデータ利活用に役立てることが可能だ。

 なお、リリース段階で協業するベンダーは、Adjust、Adways(PartyTrack)、AppsFlyer、Force Operation X(CyberZ)、TUNEとなっている。

Mobile Connectで作成したダッシュボードイメージ:全体予算管理からインストール数、 獲得単価、 当月課金、 ROASや日別詳細などを一元管理
Mobile Connectで作成したダッシュボードイメージ:
全体予算管理からインストール数、 獲得単価、 当月課金、 ROASや日別詳細などを一元管理

 近年、カスタマージャーニーは、オフライン・オンライン・モバイルアプリとデバイスもアプリも横断して描かれるようになっているが、それぞれのデータは各所に点在し、マーケターも経営陣も俯瞰が難しいことがマーケティングROIを測る上で課題となっていた。

 中でもモバイルアプリにおけるデータ活用の深化は目覚しく、アプリのダウンロード率・活用度合・アンイストール率など各種データは、アプリ施策を考える上で必須となっている。

【関連記事】
マーケティングBIのDatorama、「SmartLenses」発表 KPI設定や効果指標を自動生成
Datorama、人工知能「Datorama Genius」を発表 データ分析からインサイトを提案
インテージ、「INTAGE connect」経由でDatorama Japanとデータ接続へ
モバイル効果計測ツールの「TUNE Marketing Console」がアドフラウド対策機能を実装
Geniee DMP for Appと効果測定ツール「adjust」が接続/LTVの最大化を寄与

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/05 11:08 https://markezine.jp/article/detail/27014

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング