SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

福岡ソフトバンクホークス、ファン獲得のデジタル施策に日本オラクルのクラウドサービスを採用

 福岡ソフトバンクホークスは、日本オラクルが提供するソーシャルメディア管理のクラウドサービス「Oracle Social Cloud」を利用開始した。

 同社はこれまで、ブランド認知向上やファンとの関係性の構築を目的に、ソーシャルメディアの運用に取り組んできた。そして今回、ソーシャルメディアを新しいファン獲得のための施策として活用することを検討する中で、発信だけでなくソーシャルメディアから得た情報を有効に活用し、ファンとのコミュニケーションを強化できる仕組みとして、「Oracle Social Cloud」の採用に至った。

 今回の導入にともない、同社はソーシャルネットワーク上でキーワードを含むコメントがどのように投稿されているかの効果検証やイベントに対する評価の分析を実施。過去に行ったイベントを基に「タカガールデー」「ジュラシックドーム」「熊本復興支援試合」のキーワードで検索を行った。その結果、ソーシャルメディア上で、ファンの反応が得られる適切なタイミングや内容、ファンの満足度を測るための指標、PR戦略を改善するためのインサイトなどを得ることができた。

 今後同社は、インサイト分析結果を活かしたイベント企画・運営に向けた改善や効果的な広報・広告・ソーシャルメディア告知方法についての施策立案および実施を行っていく。

【関連記事】
インフルエンサーマーケティングのクロスリング、SNSアカウント比較・分析ツールをリリース
ドリップ、PR記事の依頼サービスをローンチ 2,000万円の資金調達も実施
福岡ソフトバンク、情報発信の活性化を図る
「アダプティブ・インテリジェンス」が変える、CXの未来図 米オラクルCEOキーノート
アンダーワークス、「Oracle Excellence Awards 2017」を受賞

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/27 15:00 https://markezine.jp/article/detail/27162

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング