SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用

 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社DSP「Logicad」とロックオンのマーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携した広告配信を10月2日より開始することを発表した。

 現在デジタルマーケティングにおいて、蓄積されたユーザーログデータ(広告表示、クリック、自然検索の有無、など)を活用し、その後のマーケティング施策の精度向上に結び付ける動きが進んでいます。

 今回の連携により、「アドエビス」が保有する2億件を超えるユーザーログデータを活用することで、複数の条件から絞り込まれたユーザーに対して、「Logicad」が接続するネットワークを利用した広告配信が可能となる。具体的には、特定の広告に接触後、自然検索をしているユーザーや3回以上特定のページを視聴しているユーザーなどのセグメントが可能になる。

 ソネット・メディア・ネットワークスは、今回の連携を契機に、同社が独自開発した人工知能「VALIS-Engine」を用いたデータ分析や活用を進めていく。

【関連記事】
「Logicadダイナミッククリエイティブ」と「MakeShop」が連携 集客効果の向上狙う
DSP「Logicad」、インフィード広告枠を拡充 先行配信ではCPAが約60%改善
DSP「Logicad」、SSP「fluct」と連携~人工知能活用した広告配信可能に
アドエビス、計測データを外部システムと連携可能にする「AD EBiS シングルソースAPI」を公開
アドエビス、Yahoo!プロモーション広告との自動連携を強化 YDNにも対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/29 15:15 https://markezine.jp/article/detail/27167

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング