MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用

2017/09/29 15:15

 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社DSP「Logicad」とロックオンのマーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携した広告配信を10月2日より開始することを発表した。

 現在デジタルマーケティングにおいて、蓄積されたユーザーログデータ(広告表示、クリック、自然検索の有無、など)を活用し、その後のマーケティング施策の精度向上に結び付ける動きが進んでいます。

 今回の連携により、「アドエビス」が保有する2億件を超えるユーザーログデータを活用することで、複数の条件から絞り込まれたユーザーに対して、「Logicad」が接続するネットワークを利用した広告配信が可能となる。具体的には、特定の広告に接触後、自然検索をしているユーザーや3回以上特定のページを視聴しているユーザーなどのセグメントが可能になる。

 ソネット・メディア・ネットワークスは、今回の連携を契機に、同社が独自開発した人工知能「VALIS-Engine」を用いたデータ分析や活用を進めていく。

【関連記事】
「Logicadダイナミッククリエイティブ」と「MakeShop」が連携 集客効果の向上狙う
DSP「Logicad」、インフィード広告枠を拡充 先行配信ではCPAが約60%改善
DSP「Logicad」、SSP「fluct」と連携~人工知能活用した広告配信可能に
アドエビス、計測データを外部システムと連携可能にする「AD EBiS シングルソースAPI」を公開
アドエビス、Yahoo!プロモーション広告との自動連携を強化 YDNにも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5