MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ニールセン、YouTubeのモバイルアプリ広告のリーチ計測を日本で開始 クロスデバイス測定を強化

2017/10/03 18:10

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル(以下、ニールセン)は、10月2日より日本においてニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)でYouTubeのモバイルアプリ広告の測定を開始した。

 これまでニールセンは、PCとモバイルのWebブラウザにおけるYouTube広告のリーチ計測を提供してきた。そして今回、モバイルアプリ広告まで測定範囲を拡大したことで同社は、広告主にPCとモバイル端末を横断して、デバイス間でのユーザーの重複を排除したYouTube広告の総合的なクロスデバイス測定を提供する狙いだ。

 今回の測定方法は今年6月に米国で開始されていたが、日本とカナダは米国に次ぐ測定市場となった。今回の計測範囲の拡大により、ニールセン デジタル広告視聴率を導入している顧客は、YouTubeのモバイルアプリ広告を含むYouTube広告全体のリーチ、フリークエンシー、GRPなど、視聴者の年齢や性別に紐付いたユーザー情報を利用することができる。

【関連記事】
SNSアプリ、最新利用状況/インスタが前年比43%増で1,700万人超え【ニールセン デジタル調査】
普段TVを見ないPCユーザー、どんなサイトを見ているかが明らかに【ニールセン調査】
ニールセン、デジタル広告視聴率によるTwitter広告の効果測定を日本含む世界23市場で新たに開始
ニールセン、ビデオリサーチとデータベースサービスを開発
SNSの利用時間が最も多いのは、35-49歳! 米国のソーシャルメディア利用状況【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5