MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Datoramaがエム・データの「TVメタデータ」連携 TV・デジタル広告と売上等を一元的に可視化

2017/10/26 12:15

 Datorama Japanが提供するマーケティング・インテリジェンス「Datorama」と、エム・データが提供する「TVメタデータ」が接続を開始した。

TV Data Connect連携図
TV Data ConnectによるTVメタデータとの連携図

 「TVメタデータ」は、エム・データがテキスト化して蓄積した「番組データ(番組放送内容)」「CMデータ(広告出稿内容)」「アイテムデータ(番組で紹介された商品情報)」「スポットデータ(番組で紹介された店・宿・観光地等の情報)」のデータベース。自社や競合社のブランド・商品・サービス・人物・事象などがどのように露出したのか、番組やCMの放送内容を把握できる。

TVメタデータによる競合比較
TVメタデータによる競合比較

 DatoramaとTVメタデータが連携することで、TVメタデータと各種サードパーティデータ(TV視聴、Web検索、Webアクセス、Twitter、POSなど)との相関分析によるマーケティング効果の可視化やPDCAの高速化といったことが可能になる。

 TVCMなどオフラインのデータとデジタル広告、顧客の売上関連データを統合し、一元的にPDCAを回したいというニーズに応える狙い。たとえば、TVCMとオンラインのクロスチャネルキャンペーンなら、TVCMでリーチできていない部分を即座にオンライン施策で補完可能になるという。

TV×ソーシャル×売上の相関ダッシュボード(TV Rank)
TV×ソーシャル×売上の相関ダッシュボード(TV Rankとの連携は今後実装予定)

 今後、エム・データのビッグデータ分析サービス「TV Rank」とも連携し、TVメタデータによる「認知」から、Web検索データでの「関心度」、SNSデータによる「好感・意向度」、POSデータによる「購入」までをマーケティングファネルで分析し、視聴者の態度変容のモニタリングやインサイトを行い、競合ブランドとのポジショニング、時系列トレンド、施策のパフォーマンス、ROIなどDatorama上で指標化・可視化するダッシュボード展開を計画しているという。

 Datoramaの人工知能(AI)「Datorama Genius(デートラマ・ジーニアス)」との連携も視野に入れており、「TV Meta Data + Datorama + AI」として、新たなマーケティングデータ統合・分析ソリューションを構想しているとのことだ。

【関連記事】
デートラマ、Adjustなどモバイルアプリ計測ツールのデータをAPI不要で取り込み可能に
マーケティングBIのDatorama、「SmartLenses」発表 KPI設定や効果指標を自動生成
インテージ、「INTAGE connect」経由でDatorama Japanとデータ接続へ
エム・データとFULLERが業務提携~テレビCMとアプリ利用データとの相関分析や効果測定が可能に
エム・データとライフログ総合研究所、テレビビッグデータ分析サービス「TV Rank」正式リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5