SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウォンテッドリーの名刺管理アプリ、動画広告の提供開始 ユーザーの20%が年収1,000万円超え

 ビジネスSNSを運営するウォンテッドリーは11月2日、名刺管理アプリ「Wantedly People」にて、新たに動画広告「Video Ads」の提供を開始した。

 同アプリは2016年11月にリリースしてから8ヶ月でユーザー数が100万人を突破。2017年7月には、「Wantedly People Ads」の提供を開始し、記事広告を配信する「Article Ads」やインフォグラフィックを配信する「Story Ads」のメニューを設けていた。

 「Wantedly People」ユーザーは、東京・大阪・名古屋などの大都市圏に住む20代から50代のビジネスパーソンがメインで、部課長以上の役職者が35%、社長や役員などの上位管理職が20%、年収が1,000万円を超えるユーザーが20%と、高所得なビジネスリーダーが多い特徴を持つ。

 今回、動画広告を配信できる「Video Ads」の提供を開始することで、広告主とユーザーのより効果的な接点を提供していく。

【関連記事】
インタラクティブな動画視聴体験を実現!!BAKE&Co.、新たな動画広告サービスをリリース
サイバーエージェントの縦型動画アドネットワーク「LODEO」、「DELISH KITCHEN」と連携
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー
動画コンテンツを視聴するデバイス、ついに「スマホがテレビを超える」【ジャストシステム調査】
Twitterにインストリーム動画広告が登場~動画コンテンツの冒頭にプレロール広告として展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/02 14:00 https://markezine.jp/article/detail/27396

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング