SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代男女のファッションEC事情/情報源はTwitterとの回答が最多【テスティー調査】

 テスティーは、20代のファッションEC事情に関する調査を実施した。

ファッション情報の収集源は、男女ともにTwitterが1位

 はじめに、ファッションの流行に関する情報の収集源について質問したところ、男性の52.6%、女性の71.9%が「スマートフォン」から情報を収集すると回答した。そこで、スマートフォンを使ってどのように情報収集しているかを尋ねると、男女とも「SNS」を中心に利用しているとの回答が得られた。

 さらに、SNSでファッションの流行情報を収集すると回答した人に、「ファッション情報を収集する際に利用するSNS」について質問すると、男女共に「Twitter」が最多だった。また女性は、Twitterと同程度で「Instagram」も利用していることがわかった。

インフルエンサー、芸能人による商品紹介の影響は?

 続いて、SNSで好きなインフルエンサーや芸能人をフォロー・友だち登録しているか質問。その結果、「している」と回答した人は、男性が35.8%、女性が47.1%だった。さらに「フォロー・友だち登録しているアカウントで商品紹介を見たことがあるか」を尋ねたところ、男性は52.5%、女性は61.7%が「見たことがある」と答えた。

【調査概要】
調査主体:株式会社テスティー
調査対象:20代男女1,002名(男性500名・女性502名)の自社モニター
調査期間:2017年11月6~9日

【関連記事】
KDDI、中国向け越境EC事業を展開するInagoraと資本・業務提携 日中の顧客への同時出品を支援
ソフトバンク・ペイメント・サービス、ECを持たなくてもオンライン決済を提供できるサービス提供
Candee、ライブコマース×D2Cでマーケと販売行う手法開発 新ブランドも設立
DMMグループのピックアップ、ライブ配信アプリをリリース ライブコマースにも対応予定
トランスコスモス、ライブコマース関連事業行う新会社設立 俳優の山田孝之氏と共同で

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/22 17:00 https://markezine.jp/article/detail/27517

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング