SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、位置情報×動画広告配信の「toSTORE Video Ad.」を開発 チラシの代替狙う

 オプトは、動画広告配信フォーマットにおいて位置情報を活用したダイナミッククリエイティブを配信することが可能なサービス「toSTORE Video Ad.」をグループ各社との連携により開発、提供を開始した。認知から店舗誘導までをシームレスに実現する狙いだ。

 位置情報を活用したデジタル広告は、来店が期待できる商圏内の生活者へピンポイントでアプローチができ、広告効果の把握がしやすいこともあり、店舗を持つ企業からチラシの代替としてのニーズが高まっている。

 「toSTORE Video Ad.」は、広告の認知率の高い動画広告で、商圏内の生活者へアプローチできることに加え、エリア・商品在庫・天気などの情報を生活者の環境や状況に合わせて出し分けることで、来店を促す。また、広告接触者の実来店計測も可能なため、継続的なマーケティング活動のための効果改善が可能となっている。

 本サービスは、オプト、動画配信システムおよび動画広告フォーマットの開発に強いスキルアップ・ビデオテクノロジーズ、ターゲティング配信とマーケティングファネル分析に強い株式会社Platform ID、位置情報マーケティング事業のコネクトムの4社が連携し開発した。

【関連記事】
展示会来場者の位置情報や動線を含む定量的なデータ解析サービス「Exas」を、テクサーがリリース
ウエディングパーク、位置情報を活用したスマホ広告商品「WPロケーションアド」をリリース
位置情報活用したTwitter広告を効果的に CA「AIR TRACK」とTwitterがデータ連携
西日本新聞メディアラボ、位置情報活用した広告配信サービス「LocAD」をリリース
位置情報ターゲティングツール「AIR TRACK」、グノシーの広告接触ユーザーの来店計測可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/29 16:00 https://markezine.jp/article/detail/27555

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング