SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット広告業界を支えるバナー・LP制作クリエイターの祭典「クリエイターズマッチアワード2017」開催

 「クリエイターズマッチアワード」はバナー・LP制作会社クリエイターズマッチのパートナークリエイターの中から特に活躍した人々を表彰する祭典。協賛企業は、アクシス、アクティブ、AdRoll、アブソルートワン、ウィルゲート、VOYAGE GROUP、クロックス・ジャパン、コスモピア、産業経済新聞社、ダンクソフト、ディノス・セシール、デジタルハリウッド、トーンモバイル、レキットベンキーザー・ジャパンと、様々な業種にわたる。

 今年で4回目を迎える同アワードではMost Valuable Creator(MVC)をはじめ、計6部門で表彰が行われた。パートナークリエイターの中で最も優秀な成績を収めたMVCには、愛知県の平山実さんが輝いた。

MVCを受賞した平山実さん

 授賞式の閉会時、クリエイターズマッチ 代表取締役の呉京樹氏は「おかげさまでクリエイターズマッチは今年で10周年を迎えました。これもこの場にいらっしゃる方々をはじめ、スタッフ・お客様・パートナーの皆さまのおかげです。10年の節目を越え、11年目に入りましたが、我々としてはこのバナー市場をさらに突き詰めて、業界成長に寄与していきたいと思っています。

表彰されたクリエイターの皆さんやプレゼンターの方々

 創業当時から、『クリエイターが働きやすい環境を創造する』というビジョンを掲げて参りました。また今年の10月には、社内の教育事業部と制作事業部を統合しました。これは『教育なくしては人の成長がない』というポリシーに基づいた組織変更です。今後は、次の20年目の節目を迎えるまでにしっかりした教育基盤を整えつつ、全国のクリエイターさんたちに安心してお仕事をしていけるように、全力でサポートしていきたいと思っています」と語り、授賞式を締めくくった。

【関連記事】
広告クリエイティブの自動生成を研究!サイバーエージェント、「AIクリエイティブセンター」を設立
THECOOとクリエイターズマッチが提携 インフルエンサーの写真・動画をクリエイティブに
AdFlowユーザー、110万点のストックフォトを特別価格で購入可能に
UUUM、クリエイターとファンをつなぐ「UUUM FANS」の提供開始
ネット広告を支える優秀なクリエイターが集結!【クリエイターズマッチアワード2016】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/30 21:58 https://markezine.jp/article/detail/27556

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング