MarkeZine(マーケジン)

記事種別

動画広告でのUGC活用が手軽に!アライドアーキテクツ、「Letro」に新機能を搭載

2017/12/05 15:45

 アライドアーキテクツは、同社が提供するSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro(レトロ)」に、UGC静止画を動画に変換する機能とUGC動画を収集する機能を搭載した。

 「Letro」は、Instagram上にユーザーが投稿した写真や動画を短時間で収集し、SNS広告のクリエイティブに活用できるサービス。Facebook広告およびInstagram広告のAPIと連携し、投稿者の利用許諾の取得からSNS広告出稿までをワンストップで行うことが可能だ。

 同社はこれまで、UGCの静止画を収集し広告に活用することで広告効果の向上が見込めることをコンセプトにサービスを提供してきたが、動画広告でもUGCを活用することで同様の効果が見込めると判断し、新機能の搭載に至った。

 これにより、動画広告のクリエイティブ制作コストや素材の収集コストを抑えることが可能に。また同社は、生活者視点で撮影された素材を活用することで、ユーザーのフィードで違和感なく目に留まりやすくなることから、多くの企業の課題を解決できると見込んでいる。

 なお、先行して同機能を利用し動画広告を配信した通販化粧品メーカーでは、UGC静止画バナーを活用した時と比較して、LP上の成約率が1.6倍になり顧客獲得単価が41.4%下がるなどの効果が出ている。

【関連記事】
UGCのマーケティング活用に成功の法則はあるのか/定期誌『MarkeZine』第22号
「Letro」、インスタグラム ストーリーズ広告に対応 優れたUGCをAIで抽出し規格に合わせて編集
静止画からSNS広告向け動画が制作できる「Shuttlerock」がFBとインスタの公式パートナーに
アライドアーキテクツ「Letro」、広告効果を事前予測する人工知能「MILA」を搭載
アライドアーキテクツ、「UGC事業部」を発足 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5