MarkeZine(マーケジン)

記事種別

富士通グループの「ValueFront Analytics」、電子マネー利用に関する分析を可能に

2017/12/13 14:00

 富士通エフ・アイ・ピーは、ID-POS分析サービス「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(以下、ValueFront Analytics)」に、「FUJITSU リテイルソリューション サーバー管理型電子マネーサービス」の利用状況や効果を分析する新機能を搭載し、提供を開始した。

 「ValueFront Analytics」は、顧客データと商品購買データを掛け合わせたID-POSデータを分析できるクラウド型のサービス。今回同サービスに搭載された新機能は、電子マネーの利用状況や傾向をはじめ、導入効果、施策実施後の効果を分析することができる。

「サーバー管理型電子マネーサービス」利用促進のPDCAサイクル
「サーバー管理型電子マネーサービス」利用促進のPDCAサイクル

 また、顧客データや購買データを活用することで、会員の決済比率や購買動向の分析も可能に。利用状況や効果を継続的に評価して次の施策につなげるというPDCAを通して、電子マネーの利用促進による売り上げの拡大が期待できる。

【関連記事】
非接触IC型電子マネー、20代の店頭利用が少ない結果に【マイボイスコム調査】
Yahoo!ウォレット、25行の銀行に対応した「預金払い」と電子マネーを初夏から提供
交通系電子マネーの月間利用件数が1億1千万件を突破!
富士通とトレジャーデータが協業 POS・CRMデータをアプリなどのログとつなげ高速分析を提供
富士通、Marketoとマーケティングオートメーション事業で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5