SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

富士通グループの「ValueFront Analytics」、電子マネー利用に関する分析を可能に

 富士通エフ・アイ・ピーは、ID-POS分析サービス「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(以下、ValueFront Analytics)」に、「FUJITSU リテイルソリューション サーバー管理型電子マネーサービス」の利用状況や効果を分析する新機能を搭載し、提供を開始した。

 「ValueFront Analytics」は、顧客データと商品購買データを掛け合わせたID-POSデータを分析できるクラウド型のサービス。今回同サービスに搭載された新機能は、電子マネーの利用状況や傾向をはじめ、導入効果、施策実施後の効果を分析することができる。

「サーバー管理型電子マネーサービス」利用促進のPDCAサイクル
「サーバー管理型電子マネーサービス」利用促進のPDCAサイクル

 また、顧客データや購買データを活用することで、会員の決済比率や購買動向の分析も可能に。利用状況や効果を継続的に評価して次の施策につなげるというPDCAを通して、電子マネーの利用促進による売り上げの拡大が期待できる。

【関連記事】
非接触IC型電子マネー、20代の店頭利用が少ない結果に【マイボイスコム調査】
Yahoo!ウォレット、25行の銀行に対応した「預金払い」と電子マネーを初夏から提供
交通系電子マネーの月間利用件数が1億1千万件を突破!
富士通とトレジャーデータが協業 POS・CRMデータをアプリなどのログとつなげ高速分析を提供
富士通、Marketoとマーケティングオートメーション事業で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング