MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DSP「Logicad」、動画広告メニューをリリース Teadsと連携しインリード広告を配信

2018/01/18 09:00

 ソネット・メディア・ネットワークスは、動画広告配信強化の一環として「Logicad Video Ads」の提供を、1月17日より開始した。

 「Logicad Video Ads」は、DSP「Logicad」をベースとした動画広告配信メニュー。これまで「Logicad」における広告配信にて培われた、独自のターゲティング技術を活用し動画広告の配信を行う。

 動画広告のフォーマットについては、記事と記事の間や記事下に配信される「インリード広告」を採用。ブラウザ上で画面をスクロールし、ビデオ表示の可視範囲が一定の面積(50%)以上表示された時点で動画が再生(In-View再生)されるため、ユーザーの視聴体験に配慮したものとなっている。

 また同メニューは、アウトストリーム広告マーケットプレイスを提供する仏Teadsと連携。豊富なジャンルを有する国内のプレミアム媒体へリーチが可能なため、広告主の広告効果最適化を実現する。

 さらに、ブランド毀損を未然に防ぐためにMomentumの「Black Swan」を導入し、ブランドセーフティにも対応。ターゲティングに関しても、ソネット・メディア・ネットワークスの人工知能「VALIS-Engine」の予測技術による、ユーザー拡張を行い、適切な消費ステージへのターゲティングを図る「VALIS拡張」といった多彩な配信機能が用意されている。

 同社は今後、「Logicad Video Ads」において、動画SSPの追加やVPAID(Video Player-Ad Interface Definition)対応、オーディエンスデータとの連携などを順次展開していく。

【関連記事】
GDO、ソネット・メディア・ネットワークスのAIを導入 目標上回る新規獲得を実現
DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用
「Logicadダイナミッククリエイティブ」と「MakeShop」が連携 集客効果の向上狙う
DSP「ONE by AOL: Video」、Teadsと連携しアウトストリーム在庫を強化
電通、GoogleとSupership、Teadsの3社とスマホ向けPMPを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5