SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IBMとセールスフォース・ドットコム、戦略的パートナーシップを強化 AIがカスタマーサポートを支援

 米IBMと米セールスフォース・ドットコムは、両社の戦略的パートナーシップの強化について発表した。あわせて、IBM CloudとIBM WatsonをSalesforce QuipとSalesforce Service Cloud Einsteinに組み合わせた、新ソリューションの提供を開始した。

 Quipに関しては、「IBM Watson Quip Live Apps」を新たに構築。Quipのドキュメント作成・編集プラットフォームで、あらゆるプロジェクトに関連するコンテンツをひとつのドキュメント上に集約させることができ、複数のアプリやウィンドウを切り替えて業務を行う必要がなくなる。

 また、Service Cloud Einsteinに関しては、IBM Watsonと連携させ、AIによって次に取るべき最適なアクションを助言する新機能を両社で提供する。

 同機能が提供するAI駆動型の予測分析により、直近の電話やチャットのやり取りをもとに、パーソナライズされた顧客本位の対応を実現。これによって、顧客とより強固な関係を構築することができるようになる。

 そして、パートナーシップの強化とともに、セールスフォース・ドットコムはIBMをクラウド・サービス・プロバイダーとして優先的に選定し、IBMはセールスフォース・ドットコムをカスタマー・エンゲージメント・プラットフォームとして優先的に選定することを認定した。

【関連記事】
セールスフォース・ドットコム、MAツール「Salesforce Pardot」日本語版を提供開始
IMJ、「Salesforce Commerce Cloud」の導入・運用支援サービスの提供開始
トランスコスモス、LINEとSalesforce Service Cloudの連携行う製品の提供開始
タスク管理ツール「Jooto」をPR TIMESが事業譲受 広報の他部署連携やCS支援でシナジー狙う
ナノ・ユニバース、チャットボットによるカスタマーサポートを空色と実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/23 13:30 https://markezine.jp/article/detail/27796

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング