SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

りそな銀行など、AI技術活用のマーケティングエンジン構築に向けた共同プロジェクトを実施

 りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行(以下、3行)は、日本テラデータと共同でAIを活用したマーケティングの研究および顧客分析の高度化に向けた取り組みを実施することで合意した。

マーケティングエンジンのイメージ
マーケティングエンジンのイメージ

 3行は今回、AIマーケティング基盤の一つとして「Teradata Customer Journey solution」の主要製品である「Customer Interaction Manager(以下、CIM)」を採用。CIMをクラウドサービスと連携し、ハイブリッドなマーケティング環境を構築する。

 具体的には、口座情報などのデジタルデータからユーザー一人ひとりのニーズや反応をリアルタイムに把握し、分析した結果を反映させた個別の提案を様々なチャネルを通じて提供する。共同プロジェクトの範囲は以下の通りだ。

1.AI技術を活用したビジネスルールの最適化
2.デジタルデータを活用した顧客分析の高度化
3.イベント・ベースド・マーケティングから対話型のリアルタイム・ワンツーワン・マーケティングへの高度化
4.マーケットのスピードに柔軟に対応する分析手法の実施
5.新たな知見の共有とマーケティング人材の育成

【関連記事】
トレタ、ビッグデータ・AI関連の研究所設立 慶大教授と共同で飲食業界のデータ活用を支援
サイバーエージェントのAI研究開発組織、大阪大の石黒教授とチャットボットに関する特許を共同出願
IBMとセールスフォース・ドットコム、戦略的パートナーシップを強化 
ジャパンネット銀行、LINEでの問い合わせ対応を開始 AIで24時間365日対応
セブン銀行ATMで24時間LINE Payの入出金が可能に LINE Payとしては初のATM対応へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング