SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「このマンガ、泣けるよ~」ネットカフェユーザーが店の内外で交流を深められるコミュニティサービスを提供

 マイクロソフトのオンラインサービス事業部と、複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」を展開するランシステム、大学生向け就活コミュニティ「Lipple」を開発・運営するアクションの3社は、自遊空間の顧客向けサービスとして、ネットカフェコミュニティ「Lipple Cafe」ベータ版の提供を開始した。

 「自遊空間」の会員数は現在約750万人。自遊空間では会員向けに、Windows Live HotmailやMessengerなどのWindows Liveサービスを利用できる「自遊空間オリジナルメール(自遊空間メール)」を2月7弐地からスタート。さらに今回、このメールサービスのユーザーどうしをつなげるサービスとして「Lipple Cafe」が始まった。

 「Lipple Cafe」では、プロフィール設定をしたアカウントで、「ツブヤキ」と呼ばれる短文や画像によるメッセージの投稿、当該メッセージへのコメント投稿、Windows Live Messengerによる一対一のコミュニケーションを楽しむことができる。自遊空間の店内で利用するときは、店内ウェブサイトにある「Lipple Cafe」のバナーから、店外で利用する場合はcafe.lipple.netから自遊空間メールのアカウントでログインする。

【関連リンク】
オンラインゲームをする場所は「自宅派」96.9%、「ネットカフェ」0.6%【2007年国内オンラインゲーム市場・ユーザー調査編】
ネットスター、ネット犯罪から子どもを守る 複合カフェ業界向けフィルタリングサービスを開始
厚生労働省が「ネットカフェ難民」の実態調査を発表、業界団体は「お客様を難民と呼ばないで」と声明
ネットカフェをターゲット 大日本印刷がネットカフェPCを利用した新広告サービス開始
「親に許されないようなことをネットで行っている」世界で5人に1人の子どもが回答【シマンテック・オンライン生活調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/25 13:01 https://markezine.jp/article/detail/2781

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング