SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イー・モバイル、携帯初・月額基本料無料の「ケータイプラン」発表

 イー・モバイルが提供するサービスは次の5つ。国内発着信(固定、携帯、PHS、IP電話)および、国際着信を含む「電話サービス」、イー・モバイル携帯どうしで利用できる「ショートメッセージサービス(SMS)」、「国内ローミング」、留守電、発信者番号通知などを含む「ネットワークサービス」、請求書発行サービスなどを含む「その他のサービス」の5つ。

 初期費用は、一時支払金と契約事務手数料が必要。一時支払金は、「ベーシック」プランのうち「EMONSTER(S11HT)」が67,980円、「H11T」が57,980円。2年間の利用を約束する長期契約割引である「新にねん」では、「EMONSTER(S11HT)」が43,980円か19,980円、「H11T」が39,980円か9,980円のいずれか。利用料金「ケータイプラン」の電話基本料は、携帯電話としてははじめて無料を実現。データ通信料は1,000~4,980円、国内通話料があて先によらず30秒あたり18.9円。SMS送信料は1通あたり2.1円となっている(いずれも月額)。

 また、有料オプションサービス「定額パック24」を利用すると、月980円の定額料で、携帯電話初の加入者間の通話料が24時間無料、SMS送信料も無料となるほか、その他国内宛通話料も業界最安値レベルとなる。

【関連リンク】
NTTドコモ、携帯純増数でイー・モバイルに抜かれる
IIJとイー・モバイル、MVNOでのサービス開始に合意、高速・使い放題の固定課金プランを提供
イー・モバイル、オプションサービスを一切省いた低価格ADSLインターネット接続サービスを提供
携帯契約数が1億台突破、3大キャリアの争いは混戦

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/25 16:07 https://markezine.jp/article/detail/2785

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング