SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サブスクリプションモデルで成長する企業に学ぶべきこと/定期誌『MarkeZine』第26号

 定額で自由にサービスを楽しめるサブスクリプションモデル、皆さんはいくつ課金しているでしょうか。古くは新聞が当てはまりますが、近年は多くの業界で採用され始めています。

 都度支払う必要がなく毎回の料金も気にしなくていいというユーザー側の利便性はもちろん、事業者側も収益予想や顧客管理がしやすいといったメリットが大きな特徴だと言えます。

 定期誌『MarkeZine』最新第26号では、「サブスクリプションモデルがもたらす次のステージ」を特集。サブスクリプションモデルで成長を続けるアドビ システムズ、Spotify、favyの3社を取り上げ、パッケージ販売からの転換の背景や成長のポイントについて掘り下げます。

定期誌『MarkeZine』第26号(2018年2月号)
定期誌『MarkeZine』第26号(2018年2月号)

巻頭:伝統的BtoB企業が挑戦するマーケティング体質への革命

伝統的BtoB企業が挑戦するマーケティング体質への革命

 インテルでの31年間の経験を買われ、横河電機のマーケティングを一手に担うこととなった阿部剛士氏。阿部氏は伝統的なBtoB企業からの変革を推し進める同社をマーケティングの会社にしたいと言います。

 特にこだわったのがR&D部門を傘下に置くこと。それは、マーケティングとはコミュニケーション領域だけでなく、R&Dを始め特許や工業デザイン、資材の調達能力、新規事業、M&Aもすべて連携してこそ真価を発揮できるという持論から。世の中や市場の変化を掴むには、関係部署がスピーディに動ける組織体制が不可欠です。

 阿部氏はまた、「1人で何役もこなせること」が人材育成において重要だと語ります。マーケターにもオンラインとオフラインなど二刀流のマネジメント能力が必要だとのこと。定期誌では、横河電機に浸透し始めた同氏の考え方を紹介します。

特集:アドビのビジネスモデル変革 成功の鍵

アドビのビジネスモデル変革 成功の鍵

アドビ システムズがソフトウェアの定額制サービスを開始して5年。パッケージ販売の取り止めは大きなインパクトをもたらしましたが、ユーザーにはすっかり定着し、収益も上々です。この転換の背景に何があったのでしょうか。

 一つはアップデートのスピードです。パッケージ販売だと新バージョンを届けるのに約2年かかっていたところ、定額制のクラウド配信に切り替えることでより頻繁なアップデートが可能になりました。もう一つが安定した収益モデルへの転換です。収益の予想可能性が高まることは、こうしたサブスクリプションモデルの重要な恩恵と言えます。

 アドビ システムズはデザイン系ソフトウェアの巨人。そんな同社が率先してクラウドへ移行しサブスクリプションモデルを採用したのは、まさに業界のリーダーとして変革を起こしていく姿勢の表れです。同社の見解から学べることは多いのではないでしょうか。

特集:定額制サービス成長の鍵は“パーソナライゼーション”

定額制サービス成長の鍵は“パーソナライゼーション”

 2016年11月に日本に上陸したSpotifyは音楽ストリーミングサービスの代表的存在。2018年に10周年を迎え、いまなお順調に成長を続ける要因について、同社のソバジェ ジュン氏を取材しました。

 日本でのサービス開始前は、新規参入した地域の中で最も認知度が低いところからのスタートとなったそうです。まず熱心な音楽好きに知ってもらうよう努めることで、会員数を増やしているとのこと。

 ソバジェ氏はサブスクリプションモデルの成長に大切なこととして、利便性とパーソナライザーションを挙げます。特にパーソナライザーションを通してアーティストとファンの関係性を深めることで、ユーザーに欠かせないサービスとなれると確信していると話します。

特集:定額制&データドリブンで「運任せ」な飲食業界を変える

定額制&データドリブンで「運任せ」な飲食業界を変える

 さまざまな業界でサブスクリプションモデルが取り入れられる中、飲食業界で始まったモデルが注目されています。グルメ情報メディアと店舗を組み合わせて展開するfavyの高梨巧氏は、飲食業界を変えるために会員&定額制が不可欠だったと言います。

 高梨氏は定額制を取り入れた理由として、飲食業界のビジネスモデルが偶然頼みだったこと、収益源が1つしかないこと、そして顧客管理や分析がまったく機能していなかったことを挙げます。運営する会員制の焼かない焼肉店「29ON」では完全予約制のため、食材廃棄率もかなり低く抑えられているそうです。

「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」をビジョンに掲げる同社では、成功法則を模索しながら、培ってきたノウハウをコンサルティングの形で提供することも考えているとのこと。はたしてサブスクリプションモデルは飲食業界を革新する原動力となるのでしょうか。

『MarkeZine』第26号(2018年2月号)目次

Insight(巻頭インタビュー)

伝統的BtoB企業が挑戦するマーケティング体質への革命
 横河電機 阿部 剛士

Feature(特集) サブスクリプションモデルがもたらす次のステージ

アドビのビジネスモデル変革 成功の鍵
 アドビ システムズ

定額制サービス成長の鍵は“パーソナライゼーション”
 Spotify ソバジェ ジュン

定額制&データドリブンで「運任せ」な飲食業界を変える
 favy 高梨 巧

次世代マーケティング教室

コミュニティマーケティングにおける量と質の両立
 クオン 八木 優希

業界最新動向

Instagramの新機能 ハッシュタグをフォローできるように

私のキャリア

一読者から広める立場へ 元々好きだからこそわかるユーザー目線
 Wondershake 小林 瑞奈

Webマーケティング基礎講座

改善を継続するためのPDCA
 HAPPY ANALYTICS 小川 卓

世界のトレンドを読む

データエコノミーの新しいパラダイム
 Livit 細谷 元

インテージ 生活者の「今」を知る

海外需要を取り込むクロスボーダーマーケティング
 インテージ 桜木 祐之

データで読み解く

映像コンテンツの視聴実態
 マクロミル 長谷川 萌

米国最新事情レポート『DI. MAD MAN Report』

マーケティングの雄、P&Gへのファンドの提言
 デジタルインテリジェンス 榮枝 洋文

Book Navigator

100円ショップで年商4,000億 業界最大手「ザ・ダイソー」はなぜ大成功したのか
 情報工場「SERENDIP」

マンガ超訳 マーケティング用語

カニバリゼーションとは?

定期購読のお申し込みはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/02/26 13:00 https://markezine.jp/article/detail/27897

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング