MarkeZine(マーケジン)

記事種別

まるでスポーツニュース!adidas、ボストンマラソンでランナー一人一人のムービーをプレゼント

ボストン・マラソンのパートナーシップを担い続けてきたadidasが、マラソンを走り抜いたランナーにカスタマイズしたドラマチックな動画を提供するキャンペーンを実施しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2018年
 国名:USA
 企業/ブランド:adidas
 業種:アパレル

自分の走りのダイジェストビデオがメールで届く!

 今年、第122回目の開催となったボストンマラソン。adidasはこの大会とのパートナーシップを30年継続していますが、今年新たに7人のクルー・20台のカメラにより、参加者約3万人分、『約3万通りの動画』を生成する企画を実施しました。

 具体的には各ランナーがマラソンの走行中に、あるポイントにて撮影され、その撮影情報をもとにして各ランナーにカスタマイズした映像を作るという趣旨です。

 この企画を担当した代理店が実際に生成されたムービーをTwitterアカウントで公開しています。

 ランナーの一人一人が自らの姿を撮影されるポイントは、マラソンの15km地点とゴール地点。ビブスに装着されたチップにより、ランナーを識別し、自動的に“その人用”の映像に反映されます。

 それ以外のポイントでは、カメラクルーが収めた(自らの走り以外の)ダイジェストシーンが散りばめられています。

 さらに各自の中間地点やゴール地点での走行タイムも映像に反映されます。

 本動画は、各ランナーがゴール後にメールで受け取ることができるようになっているとともに特設サイトからもビブスの番号で検索してアクセスすることができました。

 ボストンマラソンで当企画が実施されたのは今年が初。東京マラソンでもランナー向けの写真の販売やゴール時点の映像配信が行われていますが、「マラソンに参加した」という思い出を残したい、シェアしたいというランナーのニーズを満たす新たな試みでした。

先週の紹介キャンペーン

LCCに乗ったことを後悔させる!?空港でVRゴーグルを渡して機内で見てもらうKLMの強気キャンペーン

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5