MarkeZine(マーケジン)

記事種別

固定URLのないEC?一気に87サイト開設122万訪問者を達成したドネーションサイトのグロースハック

ホームレスへのドネーションをよびかけるサイトが急成長した背景には、「URLのないECサイト」という大胆な仕掛けがありました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:ベルギー
 企業/ブランド:Solidarité Grands Froids
 業種:非営利組織

なぜ87ものWebショップを同時開設できたのか?

 ベルギーのホームレス支援組織・Solidarité Grands Froidsが昨冬、“ホームレスの支援を目的”としたユニークなWebショップ「The Homeless Webshop」を開設しました。

TBWA Belgium – The Homeless Webshop from TBWA Worldwide on Vimeo.

 このWebショップでは、コーヒー・歯ブラシ・シャンプー・医師への診察券・暖かい寝床といったホームレスが生活に必要としている商品が“販売”されているのですが、一般市民がこれらを選択して“購入”すると、その商品に必要な代金分をSolidarité Grands Froidsへ寄付できるという仕組みです。

 さらに特徴的なのは“ホームレス(向け)”であることにちなみ、“固定アドレスのある”Webショップとしてのみ開設をせず、インターネット空間の様々な場所にWebショップが存在する状態にしたことです。

 どういうことかというと、当該組織のFacebookページで“特設コード”を公開し、他のサイト管理者がこの“特設コード”を自身のWebサイトに埋め込むことで、自由に本Webショップを開設することができるようにしたのです。

 また、事前に金融機関・コンサルティング会社・映像制作会社・新聞社など、複数の企業に“Webショップの開設”を提案して合意を得ており、本プロジェクトに著名な企業が参加することで、プロジェクトの話題化と信頼感の醸成を図りました。

 事前に合意を得ていた企業のサイト、Facebook投稿を見て開設したサイトで、合計87ものサイトでWebショップが開設され、累計訪問者は122万人以上となりました。

 

 “ホームレス向け”という特徴から、“(Webサイトの)決まった場所がない”という点に結びつけ、さらに“決まった場所がない”ことでより大勢のユーザーによる参加を実現した、発想力の光るデジタルドネーション施策でした。

先週の紹介キャンペーン

「カートに入れる」前に気づいてほしい Facebookの3Dポストで訴える児童労働の惨状

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5