MarkeZine(マーケジン)

記事種別

小田急エージェンシーと電算システム、データドリブン型広告へ向け新宿でデジタルサイネージ実証実験を開始

2018/02/21 08:00

 小田急エージェンシーと電算システムは、新宿駅西口のコンコースで電算システムのクラウド型デジタルサイネージ「StratosMedia(ストラタスメディア)」を利用し、実証実験を開始した。

 今回の実験では、新宿駅西口の柱の一面に新たに実験用ディスプレイを設置。新宿の位置情報や天候を基に、広告表示内容を切り替えることによる広告効果測定と、今まで実現できなかったYouTube(TM)の再生機能を検証する。

 小田急エージェンシーは、同実験を踏まえ、時間帯による切り替えだけではないデータドリブン型広告の採用を目指す。また様々な情報を基にコンテンツ内容を変化させ、その変化を駅利用者が楽しめるような広告、および広告主がその時・場所で発信したい広告とは何かを検証し、将来的には、年齢や性別などのプロファイルに基づくオーディエンスターゲティングの配信実験を見据えている。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、メディアフラッグとサイネージ活用したプランを提供
顔認識AIが性別・年代・表情を推定しお勧めの本を紹介!sMedioとトーハン、AI書店員を開発
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー
JR西日本、駅現場からの情報共有を速めるためビジネスチャット「direct」を導入
パナソニックと東急電鉄、合弁会社を設立~スマートフォン向け情報配信サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5