SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

読売巨人軍が「b→dash」導入 データ活用を強化

 フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」が、「読売ジャイアンツ」を運営する読売巨人軍に導入されることが決定した。

 読売巨人軍はデータマーケティングの本格的な実践を計画する上で、主に2つの目標を掲げた。1つは社内で分散する顧客データやWebサイトの行動データを統合し、精緻な分析を実行すること。もう1つは、膨大なデータを管理・統合するにあたり、スピーディーなPDCAサイクルを構築することだ。これらを実現するため読売巨人軍は、「b→dash」を導入することを決めた。

 また、同社のシステム企画部長の林博英氏は「システムの使い勝手の良さやサポート体制の充実を評価し『b→dash』を選んだ」ともコメントを残している。

 「b→dash」の導入により、ファンクラブやEC、野球教室などで得られる多様なビッグデータを取得・統合できるマーケティングデータ基盤を構築し、情報を一元化させることが可能となる。購買や会員、行動データが統合されることで、これまでできなかったパーソナライズされたコミュニケーションが実現できる。さらに、「b→dash」に蓄積された知見を活用し、ファンをチケット購買頻度やグッズの購入金額、サイトの訪問回数などによりグルーピングを行い、データマーケティングによる顧客の育成方針を決定していく。

 これらにより、ファンクラブ会員の満足度向上はもちろん、中期的にはアクティブ会員数の増加やグッズの売上を最大化することが期待される。

【関連記事】
タカラトミー、マーケティングデータ基盤に「b→dash」を採用 One to Oneの施策を強化
データ処理にかかるコストや工数を大幅削減!フロムスクラッチの「b→dash」に新機能が追加
シダックスグループ、フロムスクラッチの 「b→dash」を導入 One to Oneマーケを推進
スリムビューティハウス、「B→Dash」を採用~オンラインで獲得したユーザーのデータを一元管理
フロムスクラッチ、約32億円を資金調達 人工知能技術やデータ統合基盤の開発強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング