SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アウン、沖縄とタイに子会社設立

 アウンコンサルティングは、2006年に沖縄県那覇市に「沖縄ラボ」を開設。P4P(検索連動型広告、コンテンツ連動型広告)の運用に必要なキーワード選定や入札管理、定型レポートの作成などの業務を移管していた。開設して1年を経て稼動体制が構築できたことから、「沖縄ラボ」を法人として独立させることを決定した。4月1日に設立される新会社の商号は「アウン沖縄ラボラトリーズ株式会社(AOL)」、資本金は1000万円はアウンコンサルティングが100%出資する。

 また同社は、タイ王国バンコックに子会社を設立することも決定。多言語業務の拡大とそれに伴う作業工数の増大に対応するため、P4Pの運用に関連する定型業務の一部をタイ王国バンコックに移管する。4月1日に設立される新会社の商号は「AUN Thai Laboratories, Inc. (ATL)/アウンタイラボラトリーズ」、資本金200万バーツ(約700万円)は、アウンコンサルティングが49%出資し、残りは取引先と協議中。設立当初は、少人数体制で事業を開始し、順次規模の拡大を目指すとしている。

【関連リンク】
中国の2007年ネット広告費、100億元突破【中国P4P市場予測】
来年のSEMが見えてくる、アウンの「2007年SEM10大ニュース」
「百度」が検索エンジンランキングで世界第3位、4強時代の始まり?【comScore調査】
電通と華光広告、中国にインターネット広告会社を設立
アウン、海外のSEM支援体制を強化、「中国マーケット攻略セミナー」を上海で開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 12:30 https://markezine.jp/article/detail/2796

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング