SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

花王×インテージが広告効果の検証について語り合う【MarkeZine Day登壇者情報】

 2018年3月8日から9日に開催される「MarkeZine Day 2018 Spring」で、花王にてビューティーケア事業を中心にデジタルを活用した戦略から実行、検証までを広くディレクションしてきた廣澤祐氏がインテージの塩見健吾氏と広告効果の検証について議論を交わす。

■開催概要

イベント名称: MarkeZine Day 2018 Spring
登壇セッション:広告効果の検証:実態と課題
日時:2018年3月9日(金) 10:00~10:40
会場:東京コンファレンスセンター・有明 9-A-1
スピーカー:花王株式会社 廣澤祐氏
      株式会社インテージ 塩見健吾氏
参加費: 無料(事前登録制)

 廣澤氏は講演にかける思いを次のように語っている。

 「『効果測定』というものの解釈や重要性の捉え方には、業態、立場、目的など様々な背景を理由に格差があると感じます。すべての事象を数字で明らかにすることは、少なくとも今の技術では難しいという前提に基づいた上で、広告効果の検証はなぜ必要なのか、広告主と調査会社という異なる立場から、インテージの塩見健吾氏と改めて考えていきたいと思います」

 意味ある広告効果の検証方法とは? 事業への貢献をどのように評価していくべきか? 花王が実施してきた広告効果の検証を紹介しつつ、実態と課題、今後のあるべき姿について考えていく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング