SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

視聴者はどのテレビCMに釘付けになった?【2017年年間テレビCM注視度ランキング】

 TVISION INSIGHTSは、「2017年年間テレビCM注視度ランキング」を発表した。

 同社は、視聴質データとして、VI値(滞在度=Viewability Index)とAI値(注視度=Attention Index)を計測している。同ランキングは、AI値が高いCMから順に「注視度ランキング」として算出した。AI値は、数値が高いほど、CM放送時に視聴者が画面を注視していた人数が多く、注視秒数が長いことを示す。

 個人全体ランキングでは、CM尺は20本中19本が30秒CM、業界別では携帯電話キャリアが6本と最多、次いで生活雑貨、金融が各3本となった。CMのクリエイティブに関しては、歌やダンスが際立つCM、ドラマ性が高いシリーズ化CMが注目を集めた。

 属性別では、M1層は15秒CM、F1層は女性タレント起用、M3層は懐古的なストーリー、F3層は若手男性俳優起用のCMが注視された。また山﨑賢人が出演するサムスンGALAXYのCMは、すべての属性(個人全体、M1層、F1層、M3層、F3層)で唯一ランクインした。

【関連記事】
約63%が週1本以上録画/スキップされないCMの要素は?【インテージ調査】
テレビ朝日とKDDI、共同でスマホとTVCMを連動させたプロモーション手法を開発へ
電通、「KPI運用型TVCMプランナー」提供へ 個人視聴の推定でTVCMとデジタル広告の効果向上
スパイスボックス、データもとに“ソーシャル上で情報拡散する”TVCM制作行うサービスをリリース
スマホ動画広告とTVCM、視聴後のアクションにつながるのは?/年代で違い【CyberBull調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/07 15:45 https://markezine.jp/article/detail/28004

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング