SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

パーソルテンプスタッフ、「オムニチャネル型」販売職の育成・派遣サービスを開始

 総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフは、店舗やECなど、あらゆるチャネルを活用した商品の販売促進ができる「オムニチャネル型」販売職の育成・派遣サービスを開始する。

 同サービスで育成・派遣する「オムニチャネル型」販売職は、IROYAの提供する店舗とECの商品在庫や売上などが一元管理できるシステム「Monopos」を活用した販売活動を行う。これにより、店舗在庫が不足している商品をECから取り寄せる、逆に在庫余剰の商品をECで販売できるよう調整するといった対応が可能になる。

 また、何らかの事情により店舗で商品購入ができない顧客に対しては、ECサイトを案内して購買を促すなど、様々なチャネルを活用した商品の販売促進を手掛ける。

 これまで販売職は顧客との対面コミュニケーション業務が多く、OA機器を使用した業務の機会は少なかったが、「Monopos」を活用した販売活動を通じて、ECの知識やOA機器操作のスキルを身に着けることで、今後のキャリアの選択肢を広げることができる。

【関連記事】
アディダス ジャパン、Googleの「ローカル在庫広告」を導入 顧客体験のオムニチャネル化を強化
電通、オランダのオムニチャネルCRM会社「オクシマ」の株式78.8%取得へ 欧州での成長を加速
セブン&アイ・ホールディングス、オムニチャネル戦略推進のためSalesforce製品を導入
ユナイテッドアローズ、オムニチャネルでの顧客体験の向上を目指し「Domo」を採用
丸井グループ、Adobe Experience ManagerとAdobe Targetを採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/16 12:30 https://markezine.jp/article/detail/28092

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング