SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプトHD、デジタルマーケターの開発研究機関を設立 育成ナレッジの企業販売も予定

 オプトホールディングは、デジタルに特化したマーケターの開発研究機関「OPT HR Development センター」を設立。センター長にはオプトの経営企画、マーケティングコンサルティング事業を管掌する掛谷章往氏が就任した。

 同機関では、オプトグループが有する人材育成に関するプログラムを集約し、ITのマーケティング活用ならびにビジネス活用能力を体系的かつ実践的に習得できるよう整備する。

 具体的には、教材を含む研修プログラム開発ならびに講師の育成、シミュレーションゲームなどで実務を体験できるトレーニング環境の整備、マーケティング・サイエンスやニューロマーケティング研究機関との産学連携事例の創出、マーケターに特化した人的資本ROIの計測方法の整備などを行う。

 それらをグループ横断のナレッジマネジメントシステムとして社内教育に活用することで、人材育成の速度向上や効率化を実現。またナレッジをベースとすることにより、社員においてもさらに高度で幅広い能力が獲得でき、企業により良いサービスを提供していくことが可能になる。

 さらに、同機関で整備したプロセスや仕組みは、随時外部への販売も予定しており、マーケティングだけでない企業全体のデジタルシフトを支援していく。

【関連記事】
オプト、デジタルハーツと業務提携 ゲーム攻略サイトを今春オープンへ
オプトの「Spin App」、MAppsが提供するアプリ離脱ユーザーリサーチサービスと連携へ
オプトのアプリ支援行うツール「Spin App」、GoogleのSDK「Firebase」と連携
マルケトとシルバーエッグが連携 金融・人材・不動産業界のOne to Oneマーケティングを強化
元LINEの佐々木大輔氏と元グーグルの茅根哲也氏がスマートニュースに参画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/16 12:00 https://markezine.jp/article/detail/28093

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング