MarkeZine(マーケジン)

記事種別

この春、約25%のユーザーがSNS利用を見直した【ジャストシステム調査】

2018/04/16 08:00

  ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年3月度)』の結果を発表した。

約25%のユーザーがSNS利用を見直した

 Facebook、Twitter、LINE、InstagramのいずれかのSNSを利用している人のうち、この春、利用中のSNSにおいて「つながっている企業アカウントを整理(解除、ブロック)した」人は10.4%、「つながっている個人アカウントを整理した」人は10.2%、「つながっているタレントなどのアカウントを整理した」人は7.8%で、「SNSそのものの利用をやめた」人は1.0%いた。一方、「あてはまるものはない」と答えた人は74.9%だった。25.1%の人はなんらかの形でSNSの利用を見直していた。

最もフォロワーなどのつながりを整理したのはLINE

 この春、SNSでつながっている個人や企業、タレントなどのアカウントを最も多く整理(解除やブロック)したSNSを尋ねたところ、一番は47.3%で「LINE」だった。次いで、「Twitter」(29.3%)、「Facebook」(10.2%)、「Instagram」(9.6%)だった。

花見の情報収集に使われたSNSはInstagram

 今年の花見シーズンにおいて、最も多くの人から花見の情報収集に使われたメディアは「テレビ」(42.9%)で、次いで「インターネット」(35.6%)だった。「SNS」を利用した人は15.9%で、最も情報収集に使われた「SNS」は「Instagram」(55.4%)だった。

【調査概要】
調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2018年3月度)』
調査期間 :2018年3月29日(木)~2018年4月2日(月)
調査対象 :15~69歳の男女1,100名

【関連記事】
Instagramをよく利用する時間帯は「22~24時」が最多に【インフルエンサー研究所調査】
他人の目を気にする「ソーシャルよいこ」がZ世代の特徴 Z世代会議調査「Z世代レポート2018」発表
最も不快感を持つのは「Webサイト」の動画広告【ジャストシステム調査】
2018年はデジタル広告費がテレビ広告費を上回る?世界の広告費成長率を予測【電通イージス調査】
シニアのLINE利用率は上昇傾向継続 昨年から約11ポイント上昇で42%に【ソニー生命調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5