MarkeZine(マーケジン)

記事種別

IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始

2018/04/13 12:30

 Geolocation Technologyは、同社が提供するDSP「どこどこad」において、マイクロアドの提供するSSP「MicroAd COMPASS(マイクロアド コンパス)」とのRTB接続を開始した。

 「どこどこad」は、IPアドレスから判定された位置情報・企業情報・気象情報・回線情報を活用したターゲティング可能なネット広告配信プラットフォームである。同社は今回のRTB接続により、IPアドレスを使ったターゲティング広告の在庫拡大を実現した。

【関連記事】
特定業種を狙い撃ち!Geolocation Technology、「業種バナージャック」提供の開始
フルスピード、動的IPアドレス属性特定技術を開発 企業ターゲティング広告の精度向上
企業情報を判定する「どこどこJP」、マーケティングオートメーション「MAJIN」と連携
「Marketo」と 「どこどこJP」が連携 IPアドレスもとにBtoBコミュニケーションを最適化
Oracle Eloqua、どこどこJPと連携~サイト訪問企業を分析し、ターゲティング精度を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5