SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、シナジーマーケティングと連携 CRMデータを活用した「アドレサブル広告」をリリース

 トランスコスモスは、シナジーマーケティングが提供するアドレサブル広告連携ツール「AD2(アドツー)」を活用した「アドレサブル広告」の提供を開始。「AD2」の活用により、トランスコスモスがクライアントの顧客情報に触れることなく、CRMデータを活用した広告配信が可能になった。

 「アドレサブル広告」とは、個別配信を可能にする広告のことを意味し、企業が自社で保有するCRM(顧客)データをもとに、よりユーザーを明確にして広告を配信する手法を指す。現在、検索連動型広告、リターゲティング広告に続く有効な手法として、また、アドフラウドやITPなどCookie利用制限に対する解決策としても注目を集めている。

 「AD2」はアドレサブル広告に特化したツールで、クライアントがアップロードした顧客のメールアドレス情報を自動的にハッシュ化し、そのリストをもとに広告運用者が成果を見ながらプランニングを行い、主要な媒体へ広告配信をすることができる。

 企業が顧客データをアップロードする管理画面と、トランスコスモスが広告運用を行う管理画面はそれぞれインターフェースが異なっているため、これまで個別の広告配信において課題となっていた顧客の個人情報の受け渡しが一切発生せず、個人情報の運用負担が軽減する。またCRMデータをもとにした拡張配信により、優良顧客の類似層へのターゲティング配信も可能になる。

 さらに「AD2」は、トランスコスモスが提供する統合プラットフォーム「DECAds(デックアズ)」と連携しており、顧客データを活用したチャット広告への配信も可能だ。

【関連記事】
「WeChat」での広告配信も可能に トランスコスモス、テンセントの広告代理権を取得
求めるのは品質と安心感 トランスコスモス、「アジア10都市オンラインショッピング利用調査」を実施
電通デジタル、トランスコスモスらとLINEマーケティング支援を開始 Salesforce製品ベースに
トランスコスモス、Amazon向け広告運用のサービス提供体制を強化し専属チームを設立
トランスコスモス、顧客との会話ログを活用した広告配信可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/24 16:00 https://markezine.jp/article/detail/28322

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング