SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

目指すは保険業界のゲームチェンジ LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜が協業

 LINE Financialと、損害保険ジャパン日本興亜は、損害保険領域における業務提携を締結した。

 損害保険ジャパン日本興亜は近年、シリコンバレーと東京、イスラエルの3拠点に「SOMPO Digital Lab」を設置。スマートフォンを活用した「テレマティクス保険」の開発や、コールセンターでAIや音声認識技術を活用するなど、デジタル技術を活用したサービスを展開している。

 一方LINE Financialは、「LINE」上で仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった、様々な金融関連のサービスを提供する準備を進めるなど、金融事業の領域をさらに強化。人とお金・サービスの距離を縮め、ユーザーにとって便利かつ安全な金融サービスの構築・提供を目指している。

 今回の業務提携により、両社は、コミュニケーションとInsurTech(Insurance + Technology)を融合した新たな保険サービスとして、スマートフォンで購入・相談・請求ができるスマホ特化型保険サービスの構築・提供を目指す。損保ジャパン日本興亜は、損害保険会社としてのノウハウやデジタル技術に関する知見を、LINE Financialは「LINE」の豊富なユーザーベースと若年層へのリーチの強み、ユーザビリティの高いデザイン設計を活かしていく。

 また、将来的には「LINE」ならではの新しい保険サービスを提供するなど、保険業界のゲームチェンジを両社で進めていく狙いだ。なお、サービスは2018年内の提供を予定している。

【関連記事】
ライフネット生命保険、LINEのグループトーク機能を活用した保険相談サービスをリリース
au損害保険、Marketoを導入 マルチチャネルでのマーケティングを高度化
三井住友海上、ココロとカラダの健康づくりを支援する「ココカラダイアリー」を4月より提供
ソニー損保×Yahoo! JAPAN、カーナビのデータを活用した商品・サービスの開発を目指す
楽天生命、2月より女性向け体調管理アプリ「楽天キレイドナビ」の運営を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング