SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Tunnelがルームクリップへ社名変更 直感的にECへ誘導する新機能をリリース

 住まいとインテリアの写真共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を提供するTunnelは、当社株主総会の商号変更決議に従い、2018年5月2日付で、商号をルームクリップに変更した。同社は、サービス名と社名の呼称を一致させることで、ブランド価値を最大化し、ユーザー体験の向上と住まい・インテリア業界の発展に注力していく。

 その取り組みの一環として、アプリ版「RoomClip」にて新たに「アイテムエリア機能」の提供を開始した。「RoomClip」では、写真に写っている商品情報をアイテムタグとして表示することで、該当商品の通販サイトへアクセスすることができる機能を従来より提供してきた。

アイテムエリア機能のイメージ
アイテムエリア機能のイメージ

 今回追加されたアイテムエリア機能では、写真のどこにアイテムタグが付いているかを視覚的に表示することができる仕組みだ。これにより、以前よりも直感的にアイテムタグ経由で各通販サイトに誘導することが可能となる。

【関連記事】
インテリア写真共有サービス「RoomClip」運営のトンネル、1億円の資金調達実施
ディノス、初のスマートフォンアプリ「dinos SALE」をリリース
フランフラン、アイテムをクリックしてそのままECサイトで購入できるインタラクティブムービー公開
モール型EC併設のDIY・インテリア総合プラットフォーム「DIYREPi」がオープン
iemo等が運営するインテリアショップの商品が購入できるECサイト「MATERIAL」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/10 16:00 https://markezine.jp/article/detail/28381

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング