SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユニヴァ・ペイキャスト、リターゲティング広告プラットフォーム「RTB House」との連携開始

 ユニヴァ・ペイキャストが提供するデータフィードマネジメントツール「Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)」は、ディープラーニングで広告表示アルゴリズムを書き換え続けるテクノロジーを使った動的リターゲティング広告プラットフォーム「RTB House」のデータフィードと連携を開始した。

 RTB Houseは、2012年にポーランドの技術者によって開発されたリターゲティング広告プラットフォーム。脳神経学を応用して開発されたAIのディープラーニングを用いてユーザーの行動を分析し、常に広告表示アルゴリズムを書き換え続けるテクノロジーを使用している。ROASやCPA単位での課金が可能な成果報酬型動的リターゲティング広告であることも大きな特長だ。

 Gyro-n DFMを用いて、RTB Houseなどのリターゲティング広告出稿に必要なデータフィードの管理をで行うことで、低コストでのデータフィード生成・管理、出稿に必要なタグ設置サポートを受けることができる。これにより、エンジニアのリソースが限られる状況でも、リターゲティング広告の出稿が可能となる。

【関連記事】
データフィード管理ツール「Gyro-n DFM」、Facebookダイナミック広告との連携開始
IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始
SSP「fluct」、DSP「Criteo」とメディア・アプリにおける動画広告RTB取引を開始
DSP「Logicad」、AOLのSSPとRTB接続 月間80億超える広告在庫への配信可能に
フリークアウト、LINE及びLINE関連サービス上の広告枠へRTB経由の独占的広告配信サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/15 09:00 https://markezine.jp/article/detail/28394

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング