SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モノビット、VTuber事業部を設立 多重人格搭載型VTuber「カラノ サラ」を公開

 モノビットは、バーチャルYouTuber(以下、VTuber)のプロデュースを行うVTuber事業部を設立。同事業部が企画・制作・運営を行う、多重人格搭載型VTuber「カラノ サラ」を公開した。本プロジェクトでは、3人のアイドル声優を目指す少女たちの思念が電子化したネットゴーストとなり、複数人の人格が協力し、マルチプレイゲームをプレイするVTuber企画となっている。

 モノビットでは、ロケーションベースVRゲームから企業向けVR会議システムまで、様々なVRコンテンツを制作していたが、昨今のVTuberの盛り上がりと、その企画・制作・運営の需要に応えるべく、VTuber事業部を発足。新開発したオリジナルのバーチャルYouTuberシステム「モノビット・バーチャル・アクター・システム」(通称MVAS)を始め、様々なVTuberシステムを利用して、VTuberの制作とプロデュースを行っていく。

オリジナルのバーチャルYouTuberシステム「MVAS」
オリジナルのバーチャルYouTuberシステム「MVAS」

 なお、6月にはVTuberの収録や配信が行える専用スタジオもオープン予定。複数人対応型VR/ARコンテンツを行ってきた知見と、同社開発のリアルタイム通信エンジンの技術を活かし、VTuber向けの多人数参加型エンターテインメントコンテンツの研究開発も行っていく。

主なVTuber制作の流れ

主なVTuber制作の流れ

【関連記事】
BitStar、バーチャルYouTuber事業を本格始動 次世代インフルエンサー創出を目指す
グリー、新会社を設立してバーチャルYouTuber市場に参入
CyberZ、バーチャルストリーマー事業に特化した新会社「株式会社CyberV」を設立
画像認識技術を活用して観光地情報を提案!JAL、バーチャルアシスタント「マカナちゃん」の機能を強化
YouTuber版CM王CM女王ランキング2017、第1位に輝いたのは?【サイバーエージェント調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング