MarkeZine(マーケジン)

記事種別

顧客の声を統合解析し最適な顧客体験を設計!凸版印刷とベルシステム24HD、新サービスの開発へ

2018/05/25 11:30

 凸版印刷とベルシステム24ホールディングスは、顧客の声を統合解析することで最適な顧客体験の設計・提供を可能にする、デジタルカスタマーサービスの共同開発に着手。2018年10月より提供を開始する計画である。

 同サービスは、口コミ、コールセンター、チャット接客、店頭購入など、顧客との対話や行動をデータ化し、統合・解析することで、最適な顧客体験を設計・提供することを可能にするものだ。

 両社が持つソリューションを組み合わせ、顧客のWeb行動や購買行動、デジタル・リアルでの対話情報を解析データへ変換。さらにAIによる解析と専門家のデータ分析を通して、顧客を理解することで、個々のニーズに合った顧客体験の設計・提供を実現する。

 両社は、メーカーや流通などを中心に幅広い業界に向け同サービスを提供し、2020年に関連受注を含め約20億円の売り上げを目指す。なお両社は、共同開発に向け、両社の専門部門による横断的なプロジェクトチームを2018年6月より新たに編成する。

【関連記事】
富士通、企業のデータ統合を支援する「eXperience Data Platform」の提供を開始
日本ケンタッキー・フライド・チキン、オプト協力のもとデータ統合マーケティングを推進
NBAチームのオーランド・マジック、SASのソリューションを導入~全チャネルのデータ統合進める
凸版印刷、クラフルと提携 DMPを強化
凸版印刷、スマホ決済・認証サービスの提供へ 決済・ポイント付与・データ活用など複数機能を一括で提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5